2011

論文

学校と地域社会をつなぐアートプロジェクトの研究
A STUDY OF ART PROJECTSTHATCONNECT SCHOOLS TO COMMUNITIES
English Abstract PDF

谷口文保 先端芸術学部クラフト・美術学科講師

Fumiyasu TANIGUCHI Department of Crafts and Arts, School of Progressive Arts, AssistantProfessor


本研究の目的は、学校と地域社会をつなぐアートプロジェクトの方法と仕組みを明らかにすることである。本研究では、次の5つの事例を調査した。「IZUMIWAKUプロジェクト」、「エイジアス」、「町ぢゅう美術館」、「ホタルキノコ」、「加古川市立山手中学校におけるアートプロジェクト」である。5つの事例の調査によって、3つの有効な方法が明らかになった。それは、「プロジェクトを開く」、「プロジェクトを共有する」、「プロジェクトを育む」である。学校と地域社会をつなぐアートプロジェクトの仕組みは、連携と共創と継続によって構成され、共創は、表現と交流の循環によって成立していることが分かった。

The purpose of this study is to clarify the methods and mechanisms of art projects that connect schools to communities. Five cases were verified in this study. The names of art projects are “IZUMIWAKU project”, ”ASIAS”, “The town like an art museum”, “Big mushrooms and fireflies” , and “Art project of Kakogawa municipal Yamate junior high school”. The study revealed three methods, clarified by five undertaken case studies: Opening of a project, Sharing of a project, and “Development of a project. The above mentioned mechanisms consist of cooperation, collaboration, and continuity. Expression and communication rely on collaboration.


建築とファッションの相関性
「スキン+ボーン」展における形式分析
PARALLEL DISCOURSE IN ARCHITECTURE AND FASHION
Analyses of formal system at the works of“SKIN+BONES” art exhibition
English Abstract PDF

藤山 哲朗 デザイン学部環境・建築デザイン学科 准教授

Tetsuro FUJIYAMA Department of Environmental Design, School of Design, Associate Professor


近年、建築とファッションの相関性について取り上げられることが多くなった。建築もファッションも、どちらもまず身体を覆うシェルターであり、同じ時代精神や文化的価値観によって立つ社会的規範である。さらに実際に建築家とファッションデザイナーのコラボレーションが増えたという背景がある。しかし最も重要なのは、作品の本質であるコンセプトとデザインプロセス自体が接近してきているということである。
本論文では、こうした形態システムのレベルでの両者の関係を考察するために2007年に開催された「スキン+ボーン」展を取上げる。これは実際の作品を提示した研究としては、近年最も本格的な試みであった。
展覧会の構成において、キュレーターのブルック・ホッジは脱構築という概念を中心においている。しかし会場でのプレゼンテーションだけでは具体的なプロセスを理解するには不足していたように感じる。そこで改めてホッジの意図を読解し、展覧会に含まれない作品を分析したうえで、「変形」という生成方法を提示するものである。

Recently, the correlation between architecture and fashion were argued. It is a shelter with which the human body is covered, and a social canon that stands according to the particular Zeitgeist and cultural values. In addition, there is a background that architect and fashion designer’s collaborations actually increased. However, the most significant one is that the parallel concept and design process of works.
“SKIN+BONES” art exhibition held in MOCA(2006) explores the common visual and intellectual principles that underlie both fashion and architecture. MOCA Curator of Architecture & Design Brooke Hodge examines themes such as shelter, identity, tectonic strategies, creative process, and parallel stylistic tendencies including deconstruction. In this bulletin, I explore the formal system in deconstrutivist’s work and extract the transformation process in fashion and architecture. It generates difference of mode.


リメディアル教育・学生支援の視点を取り入れた基礎教育についての一考察
神戸芸術工科大学における英語教育を中心に
A THOUGHT ON THE INNOVATION OF FUNDAMENTAL EDUCATION WITH PERSPECTIVES OF REMEDIAL EDUCATION AND STUDENTS SUPPORT
From the Viewpoint of English Education at Kobe Design University
English Abstract PDF

岡村 光浩 デザイン教育研究センター 准教授

Mitsuhiro OKAMURA Center for Design Studies, Associate Professor


本稿では、既出拙稿の流れを受け、まず前号論文以後の学内での動向や、本学学生の語学力の現状、並びに語学力及び基礎学力向上についての取り組みを整理する。
次に学部英語における末延岑生講師(総合英語・非常勤)の唱道する「ニホン英語」の思想と「フラッシュカード」を用いた英語教授法の導入可能性や、学部英語教育と大学院アカデミック・リテラシー教育との接続のあり方についても、併せて検討する。
最後に筆者の参加する社会貢献活動(成人発達障害当事者支援)等を通じて得た、学生支援にも応用可能と考えられる知見等を整理し、本学における英語教育、そして語学教育を含む基礎教育について、語学力・基礎学力の下支えと向上に留まらない、学生支援の視点を採り入れた総合的なサポート体制を確立するべきとの視点から論じる。

As the sequel to the papers published previously, this paper reports the current status of the language ability of KDU students and attempts to improve their language and basic academic skills.
Next, this paper discusses about the possibility to introduce the idea of Nihon Eigo (Japanese English) and teaching methods using flash cards by Prof. Mineo SUENOBU into the undergraduate English education. In addition, it discusses about the issues related to the connectivity between undergraduate English education and the Academic Literacy program in the graduate courses.
Finally, the author explains his experience as a staff member of a self-help group of adults with developmental disorders, with hope to be helpful for improving language and fundamental education and welfare supports, with hope to establish a one-stop support station for students who need help.


Open Japanese(ニホン英語)をデザインする
BEYOND ENGLISHES:The Design Of The Theory And Practice Of Open Japanese, Open
English Abstract PDF

末延 岑生 神戸芸術工科大学デザイン教育研究センター 非常勤講師・兵庫県立大学 名誉教授

Mineo SUENOBU Kobe Design University, Center for Design Studies, Lecturer, University of Hyogo,
Professor Emeritus


人間は本来、親から自然にことばを教わる。母語の学習に失敗した人がほとんどいないのは、ことばは猿人から人類に至る歴史の中で醸造され培われてきたもので、遺伝子の一部として生まれつきその能力がそなわっており、親がそれをうまく引き出しているからだ。だから環境に合わせてデザインすれば、外国語であっても必ずできる。
たとえば、奈良時代に中国大陸から入ってきた複雑な漢字文字は、平安時代の人々がうまく日本語に溶け込ませながら、思い切ったシンプルなデザインとして「ひらかな」「カタカナ」を生みだした。この便利さは今も本場の中国人たちをも羨ませる。
では日本の英語教育はどうか。歴史ある日本文化と日本語を土台としながら工夫しデザインすれば、誰でもある程度はできるというのに、逆に多くの学習者たちの英語離れを生んできた。その原因は何か。本論文はこのような英語教育の状況を「世界諸英語」という視点から、さらに学生とともに授業現場の中でつぶさに分析した上で、日本人の母語である日本語と英語の接点を探りつつ、日本人にやさしい、世界に開かれた第二の母語としての日本語、すなわちOpen Japanese をデザインしようと試みるものである。

The language that represents Japan is mainly Japanese. It is called the mother tongue. However, we should call this a “closed Japanese” since it is not intelligible outside Japan. Then, what is the language which represents Japan to the world? It should be comprehensive to the world. So Japanese isn’t enough. What should be used, then? What is the language which represents Japan?
For more than a hundred years since the Meiji era, Nihon English (Japanese English) has been used among Japanese people in order to adopt the new culture and as the language of negotiations with the world, and it is still vividly alive among them. It is a precious property which has been naturally influenced and nurtured by Japanese language and culture over the ages. It is appropriate to be called the second mother tongue that represents Japan to the world. I call it Open Japanese.
Since Japan has Open Japanese that is used to represent the country to the world, India must have already had Open Indian, China must have Open Chinese, Indonesia must have Open Indonesian and so on respectively. In this way, there may have been many kinds of Open Languages all over the world and ultimately, there might be one Open Language for the whole world in the near future.


報告

少女文化を読み解く
—OTOME展によせて—
CONSIDERATION OF THE GIRLS CULTURE
From an exhibition of OTOME
English Abstract PDF

杉本 真理子 先端芸術学部まんが表現学科 講師

Mariko SUGIMOTO Department of Manga Media , School of Progressive Arts, Assistant Professor


この報告は、2010年10月17日〜27日まで、神戸市のギャラリーにて開催された「OTOME展」についてのものである。「おとめ」とは何か、ただ単に「女性」や「少女」をテーマにしただけのイラスト展ではなく、インターネットのない時代から現代まで「カルチャーの原点は雑誌である」という仮説のもと、日本で最初の「少女まんが」は何か、少女まんがに影響された「叙情画」とは何か、昭和初期と現在の少女の文化はどう変化していったかということと、サブカルチャーの今までのあり方、さらにこれからのあり方を想定し、社会的背景や、ジェンダーの問題がどのように少女文化に影響を与えたのか、などの問題をふまえた上で、現在流行している「タレント本」から、細分化された「まんが」「ゲーム」「ライトノベル」などに登場するキャラクターの変化や、また別の切り口として「少女まんがは異端の文化」である事を理論付け、男性から見た現代の「OTOME」の姿と、女性から見た原点の「OTOME」の像を、イラストという形態でアウトプットし、展示した時に生じる何らかの差異が表面化できるかどうか試みたのが、今回の主旨でもある。

This report is about ”OTOME exhibition” exhibited at an gallery in Kobe from 17th to 27th of October in 2010.
What is “OTOME (the meaning is girl in Japanese)” ?
It is not only illustrations exhibition that the theme is “woman” or “girl”. After supposing that what “the first girls cartoon” in Japan is, what “Jyojyo-ga (lyric picture)” influenced by girls cartoon is, how the girl’s culture has changed since early Showa period until today and how subculture has existed until now besides how it will exists hereafter from resting on the supposition that “ the source of culture is magazines” from early Showa period until today and referring to that social background and how the matter of gender has affected girl’s culture, we developed a theory that change in characters in “famous people’s essay” popular nowadays, “comic”, “computer game”, “light novel” and also the fact ”girl’s cartoon is heterodox culture” as another light and experimented whether we make any difference from exhibiting the works come to the surface or not by outputting a modern figure of “OTOME” from men’s point of view and an original figure of “OTOME” from women’s point of view by drawing illustrations. This experiment is our theme.


芸術系大学における情報プラットフォームの構築
「アート&デザイン情報図書館」の実験から
THE CONSTRUCTION OF INFORMATION PLATFORM AT UNIVERSITY OF ART AND DESIGN
The case study on " Art & Design Information Library "
English Abstract PDF

久慈 達也 図書館 研究員

Tatsuya KUJI Library, Researcher


本稿の目的は、芸術系大学における情報プラットフォーム構築の実践的な研究の場である「アート&デザイン情報図書館」の趣旨と諸機能について詳述することである。変化する現代の情報環境において、オンラインも含めた情報プラットフォームの構築は急務であり、「アート&デザイン情報図書館」は、その一つの回答と位置づけられる。
情報プラットフォームとしての「アート&デザイン情報図書館」は、最新の成果が公開されるメディアとしての展覧会を主たるコンテンツに据え、特別講義や公開講座、さらには関連の専門図書の情報を集約し、広く一般に公開されている。また展覧会、イベント、新製品発表等に関するウェブ上のニュース記事の収集も同時に行われている。図書館の新着図書を表紙画像付きで配信する仕組みや「関西ギャラリーマップ」など実験的な要素を折り込みつつ、「観る」、「聴く」、「読む」のそれぞれの領域において実現された教育支援は、従来の図書館の範囲を大きく超えるとともに、情報の編集を積極的に行うキュラトリアルな実践である。

The purpose of this text is to explain an outline and various functions of ” Art & Design Information Library ” and its practical research on the information platform construction at a university of art & design. In a changing modern informational environment, construction of information platform including online is a pressing need, and ” Art & Design Information Library ” is considered as one possible solution.
In this platform which is open to the public, the main content is the information on current exhibitions as they are seen as media reflecting on the latest trend. Additionally, information on special lecture and relevant books are listed. Online news articles concerning exhibitions, events, and new product releases are listed at the same time. A new way of promoting learning has been established through the use of mechanism presenting cover images of newly-arrived books at the university library and the gallery map in Kansai region; the contents achieved in each area of “See”, “Listen”, and “Read”. This platform actively engages with experimental editorial and curatorial practices beyond the scope of conventional library domain.


学校博物館との連携による郷土資料を活かした小学校図画工作科授業の提案
THE PROPOSAL OF ART PROGRAM PLAN FOR ELEMENTARY SCHOOL IN COOPERATION WITH SCHOOL MUSEUM WHICH IS TO UTILIZE THE LOCAL CULTURAL PROPERTIES
English Abstract PDF

久慈 達也 図書館 研究員
山﨑 均 デザイン教育研究センター 教授

Tatsuya KUJI Library, Researcher
Hitoshi YAMAZAKI Center for Design Studies, Professor


本稿は、2010 年秋に三田市学校博物館、三田市立つつじが丘小学校との連携により実施した小学校図画工作科授業についての報告である。授業は小学校5 年生の2 クラスを対象に、2010年9 月21 日から10 月26 日の期間、週1 回の図画工作科の時間で行われた。
プログラムは、三田市周辺に多くみられる「狛犬」を題材に、ダンボール箱を用いて形状を構成し、その特徴を把握することで、郷土資料への理解を深めようとする取り組みであった。プログラムは「構成」と「装飾」の二部門で構成され、「構成」ではスタイロフォームで「ひな形」を作った後、ダンボール箱で狛犬の形を作った。その後、「装飾」において狛犬が持つ文化的な記号を細部に付与し、完成させた。
作業を通じて、生徒たちは、ダンボール箱というモジュールを使って形状の構成を学び、ダンボールの加工技術も習得した。また、クラス単位の共同作業や鑑賞を通して、狛犬という郷土資料の形状や特徴を把握したことが授業後のふりかえりによって確認された。

This is a report on the elementary school art program organized by a municipal elementary school in Sanda City in corporation with Sanda City school museum. The lessons took place once a week between 21st September and 26th October 2010 for two classes of the fifth grader at the elementary school.
The program aimed at deepening their understanding of the local cultural properties in the area such as “Komainu” which is common in Sanda City. The program consisted of two stages; “Composition” that let the pupils to compose shapes using styroform and then to construct the modules using the cardboard boxes; “Decoration” that is to decorate the work according to the cultural meanings of “Komainu” .
Through these lessons using the cardboard boxes, the pupils gained the better understanding of how things are composed and also the skill to handle the material. In addition to this, they gained the better understanding of the characteristic feature of “Komainu” through the group work carried out in the lessons and the feedback session.


神戸「ガーデンシティ舞多聞」
みついけプロジェクト7、てらいけプロジェクト3
GARDEN CITY MAITAMON IN KOBE,
MITSUIKE Project7, TERAIKE Project3
English Abstract PDF

鎌田 誠史  国立有明工業高等専門学校 建築学科 准教授
齊木 崇人  大学院芸術工学研究科 教授
佐々木 宏幸 デザイン学部環境・建築デザイン学科 特別准教授
谷口 文保  先端芸術学部クラフト・美術学科 講師
久本 直子  デザイン学部ビジュアルデザイン学科 助教

Seishi KAMATA   Department of Architecture,Ariake National College of Technology, Associate Professor
Takahito SAIKI   Graduate School of Arts and Design, Professor
Hiroyuki SASAKI  Department of Environmental Design, School of Design, Special Associate Professor
Fumiyasu TANIGUCHI  Department of Crafts and Arts, School of Progressive Arts, Assistant Professor
Naoko HISAMOTO Department of Visual Design, School of Design, Assistant Professor


「ガーデンシティ舞多聞」の第1工区目である「ガーデンシティ舞多聞」みついけプロジェクトは、都市再生機構と神戸芸術工科大学、そして住民との連携で進められている宅地開発プロジェクトである。新しい郊外居住と持続可能な地域コミュニティづくりを目指すこのプロジェクトは、約6ha の面積に、宅地68区画、緑地公園、街区公園、共同施設(コミュニティスペース)が配置される。
また、ガーデンシティ舞多聞」の西端部に位置する、自然地形を活用した「てらいけプロジェクト」(約10ha)を現在整備している。「みついけプロジェクト」「みついけ南プロジェクト」の経験をいかし継続的な住宅コミュニティの創造と日本の住宅が抱える課題の解決を目指している。
本年度は、てらいけプロジェクトの「スペースデザイン」、「まちづくりのルール」、「住まいづくりデザインガイドライン」、「住民参加型プロセスの検討」、てらいけの目指すまちづくりの「公開講座」、みついけプロジェクトのコミュニティマネジメントの実践として「ネイチャーアートワークショップ」、「絵本づくりプロジェクトと読み聞かせワークショップ」、「ガーデンシティ舞多聞HPの再構築」について言及した。

The area developed in the first phase within The Garden City MAITAMON Project is named MITSUIKE. The MITSUIKE project is a residential development project that has been implemented through collaboration between KDU, UR and the residents.
Furthermore, the project to develop TERAIKE Community (approx. 10 ha), located in the westernmost part of the Garden City MAITAMON, is currently under way, making effective use of natural geographic features. Capitalizing on the experience of the MITSUIKE Project and the MITSUIKE MINAMI Project, the TERAIKE Project aims to create a sustainable residential community and to resolve the aforementioned challenges confronting Japanese housing.
On this year, from TERAIKE project, we report about space design, rule of community, design guidelines of housing, and process including residential participation. And, from community management of MITSUIKE project, we report nature art workshop, picture book project, and reconstructing project’s web design.


共同研究

文化交流としての海賊版
日韓漫画における表現の共有
BOOTLEG AS THE CULTURAL EXCHANGE
Joint ownership of the expression in Manga and Manhwa
English Abstract PDF

大塚 英志 先端芸術学部まんが表現学科 教授
齊木 崇人 大学院芸術工学研究科 教授
泉 政文 先端芸術学部まんが表現学科 助手
尹 性喆 大学院芸術工学研究科 博士後期課程

Eiji OHTSUKA Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Professor
Takahito SAIKI Graduate School of Arts and Design, Professor
Masafumi IZUMI Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Assistant
Seongcheol YUN The Art and Design Division (Doctoral Degree Course), Graduate School of Arts and
Design


いわゆる「海賊版」は、常に知的所有権侵害の問題としてのみ今日、問題化されるが、そもそも日本の漫画表現の形式性は1930年代のディズニー・アニメーションの海賊版漫画表現を介して、ハリウッド産アニメーションのキャラクター作画様式、すなわち「ミッキーの書式」を受容することで成立した。これら海賊版は原著作を印刷によって違法コピーするのではなく原著作に対し模写・翻案・キャラクターの借用を行なうものである。韓国・台湾でも十五年戦争終結以降、日本漫画のこのような模写・翻案型海賊版が刊行されることで、漫画表現の形式や方法が移動する現象が見られる。
本報告では「ミッキーの書式」が、韓国・台湾の二地域においてどのように受容されたかについて調査をもとに概観する。韓国においては、日本と同時期の1930 年代にディズニーの模写・翻案型海賊版は確認できるが、原則として日本を介してのディズニー流入にとどまり、海賊版による書式の変化は起きていない。他方、台湾では、1960 年代に日本漫画の海賊版と混在する形で、ディズニー及びアメリカン・コミックの模写型海賊版の存在が確認できた。日・韓・台の三地域のディズニー及び「ミッキーの書式」の受容については、今後も調査研究を続ける。

In these days, commonly called a “Pirated Edition” is caused problems of infringing intellectual property rights. However, originally the conventions of the Japanese cartoons expressions were affected by the Disney animation’s pirated edition expressions in 1930s and were accepted the Hollywood animation’s styles of painting, that is, “Mickey’s Form”. After finishing the 15 years war in Japan, South Korean and Taiwanese pirated editions which are imitated or adapted like the Japanese pirated editions were published. Therefore, the cartoons’ expression and the method of drawing were changed.
This report examines how “Mickey’s Form” is accepted in South Korea and Taiwan. In 1930s, at the same time in Japan, we could identify Korean’s pirated editions which imitated and adapted Disney’s cartoons. However, the Korean’s pirated editions just imitated and adapted the Disney cartoons, so the form of Korean cartoons were not changed by Disney’s pirated editions. Meanwhile, we verified imitative Taiwanese pirated editions which were mixed Japanese pirated edition, Disney’s cartoons and American cartoons existed in Taiwan in 1960s.


ブックデザインと文字組版デザインを中心とした戦後デザイン動向の研究
A STUDY OF POSTWAR DESUGN TRENDS FOCUSING ON BOOK DESIGN AND TYPESETTING DESIGN
English Abstract PDF

赤崎 正一 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
戸田 ツトム デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
寺門 孝之 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
橋本 英治 先端芸術学部まんが表現学科 教授
荒木 優子 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 准教授

Shoichi AKAZAKI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Tztom TODA Department of Visual Design, School of Design, Professor
Takayuki TERAKADO Department of Visual Design, School of Design, Professor
Eiji HASHIMOTO Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Professor
Yuko ARAKI Department of Visual Design, School of Design, Associate Professor


出版メディアにおけるデザイン動向は、広告など他の分野と比較して、実験的先端的な傾向が強い。組版設計をふくむ広義の「ブックデザイン」のそうした傾向には日本語固有の組版システムの複雑さがもたらす、実験的組版の広汎性も要因のひとつと考えられる。
事例として2009 年度のビジュアルデザイン学科における3 回の特別講義を取り上げる。それぞれの講師は、絵本作家・イラストレーターの木内達郎氏、アートディレクター・ブックデザイナーのミルキィ・イソベ氏、グラフィックデザイナーの松田行正氏の3 氏である。ブックデザイン・組版デザインに長年携わってこられた、これらの方々の講義には、さまざまな作品紹介を通じて、多様な「ブックデザイン」の実験的試みが含まれている。 ブックデザインの戦後的動向の先端や特異点を構成する3 氏の特別講義はわれわれの研究に大きな示唆をもたらす
ものである。
それら、事例紹介も多く盛り込まれた特別講義を単行本「デザイン・プレゼンテーションの哲学」として編纂・刊行した。
そして、この単行本の制作自体がブックデザインやエディトリアルデザイン(組版デザインを含む)の実験的実践なのである。

Design in publication media are inclined to be experimental and edgy compared to that in other fields such as advertising. This characteristic of “book design” in the broad sense of term is attributed in part to the prevalence of experimental typesetting caused by the complex typesetting system intrinsic to the Japanese language.
This course explored three special lectures presented by Department of Visual Design in fiscal 2009. The speakers of the lectures were Mr. Tatsuro Kiuchi (an illustrator and picture book author), Ms. Milky Isobe (an art director and book designer) and Mr. Yukimasa Matsuda (a graphic designer). In these lectures, the three professionals, who had long been involved in book design and typesetting design, talked about diverse experiments in “book design” through various projects. Their special lectures, discussing the cutting-edges and uniqueness of the post-war book design trends, offered inspiring insights in our study.
We compiled and published a book based on the three lectures introducing many cases of experimental book design titled Philosophy of Design Presentation.
The production of this book was an experimental practice of book design and editorial design (including typesetting design).


アジアにおける祭礼(祝祭)文化の総合的研究
GENERAL STUDY ON FESTIVE CULTURES IN ASIA
English Abstract PDF

今村 文彦 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
杉浦 康平 アジアンデザイン研究所 名誉教授
齊木 崇人 大学院芸術工学研究科 教授
大田 尚作 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授

Fumihiko IMAMURA Department of Visual Design, School of Design, Professor
Kohei SUGIURA Research Institute of Asian Design, Honorary Professor
Takahito SAIKI Graduate School of Arts and Design, Professor
Syosaku OTA Department of Product Design, School of Design, Professor


本報告は、アジア各地の祭礼に曳きだされる山車の造形とその背後にある祭礼文化をアジア全体の歴史的、文化的流れのなかにとらえようとするものである。2010年4月に開設された神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所は、アジアの山車文化を大きな研究テーマとして取りあげている。
6月には国際シンポジウム「動く山―この世とあの世を結ぶもの」を開催した。日本、中国、シンガポール、タイ、インド、イランから研究者を招き、アジアにおける山車の造形性、精神性、コスモロジーとの関係性などについて発表した。アジア各地の山車の多様な造形を再確認するとともに、その背後にある文化的な共通性、関連性についてのいくつかの重要な知見を得ることができた。
また、インドネシアでの調査を6 月から9 月まで実施した。バリ島を中心に、寺院祭礼、火葬儀礼等について、その祭礼構造、儀礼の過程について記録した。さらに2011 年2 月には、中国寧波市前童鎮で元宵節を調査した。鼓亭などの種類、大きさ、運行経路、町の社会組織との関係などについて、情報を収集し、次年度以降の調査につなげた。
これらの成果をもとに、さらに継続的な調査を続け、社会構造、空間構造とも関連づけて、総体的に祭礼と山車を把握していく予定である。

his report deals with various festival cultures and variety of forms of floats called “dashi” in Japanese which means mountain-like float carried and shouldered on festival, in Asian historical and cultural context. Research Institute of Asian Design (RIAD) established by Kobe Design University at April 2010, took up the cultures of float in Asia as main research theme.
International symposium “Mountain Floats: to Connect This World and Another” was held on June 2010, inviting researchers and designers from Japan, China (Taiwan), Singapore, Thai, India, and Iran. We discussed on cultural meaning of forms of mountain floats, mentalities and cosmology associated with mountain floats in Asia.
In addition, we made researches on temple festivals and cremation ceremonies in Bali, Indonesia and New Year Festival in Ninhai, China.
We continue to research other type of floats in Asia and Japan, make clear not only their symbolic meanings and design languages, but also the relationship of social structure and structure of settlement with ceremonial process.


バリ島における祭礼の仕組み
-アジアの祝祭文化の比較研究-
THE STRUCTURE OF BALINESE FESTIVALS
Comparative Study of Festival Culture in Asia
English Abstract PDF

今村 文彦 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授

Fumihiko IMAMURA Department of Visual Design, School of Design, Professor


アジア各地の祭礼は、多様な文化的伝統を背景に、多彩な表現形態をもっている。とくに山車は、多様な造形性のみならず、豊穣な象徴性をもち、アジアの世界観や造形観を理解するには不可欠である。本報告は、祭礼の実態把握を目的に、インドネシアのバリ島で2010年6月から9月まで実施した予備的な調査から寺院祭礼(オダラン)、火葬儀礼について、中心となる象徴物が、宗教的信仰、世界観、伝統社会とどのように関連しているかについて概括的に検討するものである。
寺院祭礼は、神の降臨と慰撫という明確な基本構造のうえに成立し、決して揺るがない。したがって、芸能や音楽の位置づけも原初的な意味あいの有効性を失っていない。そこに社会的な求心力の宗教的源泉があると思われる。
火葬儀礼は、バリの世界観と社会構造が反映されている。とくに仮装行列に曳きだされる火葬塔バデと火葬棺にはカーストや社会的地位によって、大きさや種類が厳格に規定され、その規模も異なる。また、天界、地上、地下世界からなるというバリの世界観は、バデの構造にも見られる。
バリの祭礼の根底には、聖/俗、天/地などの二元論的な対立と共存が存在し、その均衡が希求されている。

There are a wide variety of festivals in each Asian countries, which have rich and significant cultural traditions as their background. Especially marching floats (“dashi” in Japanese) that have not only various unique forms, but abundant symbolic meanings, are essential for understanding the Asian cosmology and their expressiveness.
This report is based on my primary research at Bali, Indonesia from June to September 2010, aiming to grasp actual conditions of festivals including temple festivals “odalan” and cremation ceremonies, and focusing the relationship of symbols such as cremation tower “bade” with religious belief, cosmology, and social system.
From my research, I found opposition and coexistence in symbolic dichotomy such as sacred/profane, heaven/earth in Balinese festivals, and harmony and balance between them are most longed for.


都市型災害復興イベント「神戸ルミナリエ」の多角的検証と新しい企画提案の研究
URBAN DISASTER RECOVERY EVENT, "KOBE LUMINARIE" VALIDATION STUDY OF THE NEW PLAN PROPOSED MULTILATERAL
English Abstract PDF

かわいひろゆき デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
相澤 孝司 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
柊 伸江 元・芸術工学研究所 研究員

Hiroyuki KAWAI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Takashi AIZAWA Department of Product Design, School of Design, Professor
Nobue HIIRAGI Research Institute of Arts and Design, Former Researcher


阪神・淡路大震災から16 年がたち、社会の変化とともに、鎮魂と震災復興を目的に始められた神戸ルミナリエの主旨や具体的手法に再検討が必須の時期となった。
本研究は、アート&デザインの分野から新たな企画を提案・実施することにより、時代や住民の要請にあう神戸ルミナリエのあり方を探るとともに、震災から学んだ「命の尊さ」や「人の絆の大切さ」を次世代に伝えることで、幸せな社会づくりに貢献する企
画デザインの可能性を模索するものである。
具体的には、以下の5 つの企画を実施し、成果を上げることができた。
1. みんなで灯す「記憶」のモニュメント
2. 大学生が育てた「はるかのひまわり」配布
3. 鎮魂と絆のブルーキャンドル・パフォーマンス
4. 「記憶」の響きコンサート
5. 1.17 を語る「魂」の言葉

16 years after the Great Hanshin Earthquake, as well as social change was necessary to reconsider the timing and specific methods and spirit of the Luminarie Kobe earthquake reconstruction initiated for the purpose of the requiem.
This study, conducted by the new planning proposals from the fields of art and design, as well as explore ways of Kobe Luminarie meet the demands of the times and people have learned from the earthquake, “the preciousness of life” and “human the importance of the ties, “you can tell the next generation is intended to explore the possibility of planning, design, happy to contribute to society.
In particular, planning and implementing the following five were able to achieve results.
1. Candle everyone to “remember” monuments
2. Fostered by university students, “Sunflower far,”
Distribution
3. Blue candle requiem and performance bonds


現代日本のイラストレーション・絵本の諸傾向の歴史的検証と、先端的実践
雑誌「ローズプラスエクス」発刊
A HISTORICAL INVESTIGATION OF TENDENCIES IN MODERN JAPANESE ILLUSTRATION AND PICTURE-BOOKS, AND ITS AVANT-GARDE PRACTISE
The Launch of the Magazine Rose Plus X
English Abstract PDF

寺門 孝之 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
戸田 ツトム デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
赤崎 正一 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
三好 卓 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 実習助手
しりあがり 寿 先端芸術学部まんが表現学科 教授

Takayuki TERAKADO Department of Visual Design, School of Design, Professor
Tztom TODA Department of Visual Design, School of Design, Professor
Shoichi AKAZAKI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Taku MIYOSHI Department of Visual Design, School of Design, Assistant
Kotobuki SHIRIAGARI Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Professor


現代日本におけるイラストレーション及び絵本の分野の隆盛の直接的な端緒は、戦後復興期において「デザイン」の分野から職業的なイラストレーターが専門化し、またその後イラストレーターが積極的に絵本制作に関るようになったことにあると思われるが、さらにその基盤を遡って検証するには浮世絵をはじめとする江戸期の大衆文化やそれ以前へと視線を向けて行く必要があろう。本共同研究ではそうした視点に意識的である学内・学外のイラストレーター、グラフィックデザイナー、編集者、作家その他の連携により、調査・資料収集・考察・作品制作を進め、我々にとってもいまだなお、描くことと書くことが互いに内包しあう行為でありつづける、絵と文字の理想的な相互関係を探り出し、今現在イラストレーションとデザインがどのように結び合うことができるか、実践をもって研究したいと考えた。
その過程・成果については、広く読者に開かれた記事、及び作品として編集され、雑誌として出版・流通されることが望ましいと考え、「ローズプラスエクス」1 号・2 号として編集・発刊することができた。執筆者を中心としたトークイベントも2回にわたり開催され、好評を博すこととなった。以後次年度にひきつづき研究を進め、雑誌を継続していく考えである。

It is thought that the direct origin of the flourishing of the field of modern Japanese illustration and picture-books lies in the specialisation of professional illustrators from the field of design, and then later the active production of picture-books by these illustrators. However, if we wish to go further back in time and ascertain the basis of this, it is necessary to turn our attention to the popular culture of the Edo period, as exemplified by ukiyoe prints, and the time before that. In this joint research, we shall undertake surveys, collection of materials, studies, and production of works, in collaboration with illustrators, graphic designers, editors, writers etc, who are aware of the point of view mentioned above. We wish to investigate the ideal relationship between pictures and writing. For the process and achievement of this, it was thought desirable to edit together articles and works open to a wide readership, and to publish and distribute this as a magazine, and to this aim the first and second editions of Rose Plus X have been edited and published. Two discussion events featuring the magazine’s writers have been held, and these have been favourably received. It is hoped that we can continue this research and the production of this magazine in the next academic year.


身体知のデザイン学
-実体からサイバーまで、多様化する身体観が生み出す創造価値-
DESIGN STUDIES FOR BODY OF KNOWLEDGE
-From object to cyber, Creation value that diversified body vitality invents-
English Abstract PDF

見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
古賀 俊策デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
かわい ひろゆきデザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
志茂 浩和 先端芸術学部映像表現学科 教授
曽和 具之 デザイン学部プロダクトデザイン学科 准教授

Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design Professor
Shunsaku KOGA Department of Product Design, School of Design Professor
Hiroyuki KAWAI Department of Visual Design, School of Design Professor
Hiroyasu SHIMO Department of Image Arts, School of Progressive Arts Professor
Tomoyuki SOWA Department of Product Design, School of Design Associate Professor


現代の日本は急速なデジタル化の発展により、無機質なものやコトに囲まれている。我々はデジタル化の利便性と引き換えに、肉体的感覚をどんどん忘れているのではないだろうか。身体知とは、身体に宿る知性、身体自らがもっている身体機能(知覚、記憶、判断、感情、動作など)のことで、身体が持ち得る生命力(身体観)を示す。
本研究では、身体知を探る実践活動として農業体験を行い、実体験を通じた体感知とデザインの関係性を検証した。また、各研究者のテーマに関連した勉強会を全5回開催し、実体からサイバーまで多角的なテーマを用いた研究を行った。さらに、第3回芸術工学研究所研究発表会では各研究者の研究報告と共に、財団法人たんぽぽの家理事長・播磨靖夫氏を招き、「光を感じ、輝きをデザインする」という表題で基調講演を行っていただいた。芸術工学の視点から新たに見出した身体知の創造価値と、デザイン及びデザイン教育への有用性の検証を、一部内容を抜粋して報告する。

We are enclosed inorganic objects and things by rapid development of digitalization in Japan, now. We might forget a physical sense in exchange for the convenience of digitalization. BODY OF KNOWLEDGE are an intellect that stays in body and an own bodily functions (It means perception, the memory, the judgment, feelings, and operation, etc.). It signify life force and body vitality.
In this research, we experienced agriculture program as hands-on activities that searched for BODY OF KNOWLEDGE, and verified the relation between a feeling in the body and the design through the real experience. The study meeting related to each researcher’s theme was held five all times, and the research that used a diversified theme from object to cyber was done. Moreover, Yasuo Harima who is chief director of foundation TANPOPO-NO-IE did the keynote address in the title “Light was felt, and the shine was designed” in our symposium. It reports on the creation value that newly found from aspect of art and design, and the verification of the utility to the design and design education.


複合感覚の科学から捉えるデザインの快適性
COMFORT AND PLEASANTNESS BASED ON SCIENCE OF MULTIPLE SENSATION
English Abstract PDF

古賀 俊策 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
小玉 祐一郎 デザイン学部環境・建築デザイン学科 教授
見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
山口 惠子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
相良 二朗 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授

Shunsaku KOGA Department of Product Design, School of Design, Professor
Yuichiro KODAMA Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Keiko YAMAGUCHI Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Jiro SAGARA Department of Product Design, School of Design, Professor


デザインについては、意匠や使い易さだけではなく、科学的な視点からヒトにおける複合感覚と快適性の関係を考察する必要がある。快・不快の感覚は時間・場所・状況によって変動し、複合した環境刺激の影響を受けることが多い。また、心身の快適性を言語表現だけでは説明できない。感覚が複合する現実場面に立って、快適性科学の視点からデザインを検討することが重要である。
今回は、温度と色彩の複合刺激がヒトの感覚に与える影響を主観的および客観的方法(生理指標)を用いて総合的に評価した。具体的には、異なる温度の環境下において色彩がヒトに与える影響を検討するために、「温冷感」・「快適感」と生理的な変化を計測した。その結果、常温環境における客観的指標と主観的指標の変化は一致しなかった。一方、高温環境下においては、色彩と温度による複合効果が見られた。とくに、高い温度刺激がもたらす心理的な負荷が青色刺激によって軽減され、さらに皮膚血管の収縮により熱の放散が抑制される可能性が示唆された。このように、種々の複合刺激がヒトの感覚に与える影響を検討する際には、主観的および客観的な方法を併用する必要がある。潜在的な欲求や意識されない気持ち良さ・イメージを捉えるには、複合刺激と感覚の関係を考察する必要がある。

It is crucial for design activities to investigate relation between multiple sensation and comfort in human from scientific viewpoint, in addition to user-friendly concepts. Sensation of comfort/discomfort is influenced by time, place, and situation as well as complex stimuli of environment. Further, mental- and physical comforts cannot be explained only by verbal expressions.
In the present study, using both subjective and objective methodologies we investigated effects of complex stimuli of ambient temperature and color on the human sensations. In particular, sensations of “cool-warm” and “comfort”, and physiological changes were measured in order to evaluate effects of color under different ambient temperatures.
As results, in the normal temperature, the subjective measures were not consistent with the objective ones. In the hot temperature there were combined effects of ambient temperature and color on the measures. Especially, the temperature-induced mental loads were reduced by blue color, which suggests inhibition of heat dissipation due to skin vasoconstriction. Both subjective and objective methodologies are required for study of complex sensation.


地域社会における観光デザインに関する実践的研究
有馬温泉及び六甲摩耶山上地区を対象として
PRACTICAL STUDIES ON TOURISM DESIGN IN THE REGIONAL SOCIETY
Case Studies in Arima Onsen and Rokko Maya area
English Abstract PDF

相澤 孝司 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
かわい ひろゆき デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
野口 正孝 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
安森 弘昌 先端芸術学部クラフト・美術学科 准教授
曽和 具之 デザイン学部プロダクトデザイン学科 准教授

Takashi AIZAWA Department of Product Design, School of Design, Professor
Hiroyuki KAWAI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Masataka NOGUCHI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Hiromasa YASUMORI Department of Crafts and Arts, School of Progressive Arts, Associate Professor
Tomoyuki SOWA Department of Product Design, School of Design, Associate Professor


神戸市は、有馬温泉及び六甲摩耶山上地区など観光地を有する。しかし、近年双方の観光客は減少の傾向にある。本研究では、前出地区の活性化を目的に本学学生と共に実践的なデザインを行った。また、別府温泉「混浴温泉世界」、九州地区の温泉観光地として、「由布院温泉」及び「黒川温泉」の調査を行った。
研究の結果、地域社会との連携方法として、地元の観光地におけるデザインの実践が展開でき、学生たちと共同で行えることが分かった。さらに調査からも観光地におけるアート&デザインによる活性化を目的とした実践の場があると考えられる。

Kobe city has sightseeing spot such as Arima Onsen and Rokko Maya area. However, recently as for both tourists tend to decrease. In this studies, practical design made with the students for the purpose of activation in both sightseeing spots. In addition, we investigated the Beppu Onsen “Mixed Bathing World”, and “Yufuin Onsen” and “Kurokawa Onsen” in the Kyushu District.
The result of research, as collaboration method of community, be able to develop the practice of the design in sightseeing spot of local, it was joint with the students and it understood that it can do. Furthermore, we thought that there are place of the practice which designates the activation with Art & Design in sightseeing spots.


「大学ブランド」のブランディングを軸としたデザイン活動の研究
A RESEARCH OF DESIGN CENTER AROUND BRANDING OF “UNIVERSITY BRAND”
English Abstract PDF

田頭 章徳 デザイン学部プロダクトデザイン学科 助教
久慈 達也 図書館 研究員
見明 暢 デザイン学部プロダクトデザイン学科 助教
柊 伸江 元・芸術工学研究所 研究員
岡田 準人 元・デザイン学部環境・建築デザイン学科 助手

Akinori TAGASHIRA Department of Product Design, School of Design, Assistant Professor
Tatsuya KUJI Library, Researcher
Nobu MIAKE Department of Product Design, School of Design, Assistant Professor
Nobue HIIRAGI Research Institute of Arts and Design, Former Researcher
Norito OKADA Department of Environmental Design, School of Design, Former Assistant


シンガポールでは製造業の国外流出が続いており、企業と 商品開発をする機会は減少傾向にあるため、シンガポール国 立大学のデザイン・インキュベーション・センターでは、 『D.Lab』という独自ブランドを立ち上げ、D.Lab ブランド でプロダクトをデザイン、開発し、大学内の設備で生産して 商品としてマーケットに流通させている。
優れたデザインとは造形や使い易さだけでなく、生産、流通、 販売、価格など多岐にわたる条件が満たされたものなので、プロ トタイプとして終わらせるのではなく、マーケットに流通させ ることが重要である。D.Lab ではブランディング戦略の一環と して、メーカーが商品をプロモーションするのと同様に、注目度 の高い展示会への出展を行っている。特に海外の展示会は、無名 のデザイナーの作品でも評価が得られる土壌があり、立ち上げ間 もないブランドの認知度の向上にも非常に効果的である。
この先進的な取り組みが成果を上げているのは、パトリック・ シアという優秀なデザイン・ディレクターの手腕によるところが 大きい。大学においても、優秀なデザイン・ディレクターのもと、 注目度の高い展示会出展などを軸としたブランディングを行っ ていくことが必要である。

In Singapore, a lot of industries move out from Singapore, therefore it is decreasing that a chance to develop products at university with a company. Because of this, Design incubation center of National University of Singapore has developed original brand called “D.Lab” , then they design, develop, produce in the university, and put onto the market as a commercial products under the name of “D.Lab”.
Good design have to fulfill all the conditions of good for form, usability, production, distribution, sales, and price etc., it have to be not only prototype but also commercial product. D.Lab exhibit their products at important exhibitions just like product manufacturers. It tend to be able to get a fair evaluation regardless of name recognition especially at exhibition out of Japan, therefore it is very effective to gain recognition for a minor brand.
This progressive approach is fairly successful, it thanks in large part to a talented design director, Patrick Chia. In university, it need a branding center around taking part in important exhibitions with a talented design director.


ECO BOAT の開発
自然エネルギーを最大限に活用した瀬戸内海用クルーザー
ECO BOAT
The eco friendly cruiser for “Setouchi ”sea
English Abstract PDF

見明 暢 デザイン学部プロダクトデザイン学科 助教
齊木 崇人 大学院芸術工学研究科 教授
相良 二朗 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
大田 尚作 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
田頭 章徳 デザイン学部プロダクトデザイン学科 助教

Nobu MIAKE Department of Product Design, School of Design, Assistant Professor
Takahito SAIKI Graduate School of Arts and Design, Professor
Jiro SAGARA Department of Product Design, School of Design, Professor
Syosaku OTA Department of Product Design, School of Design, Professor
Akinori TAGASHIRA Department of Product Design, School of Design, Assistant Professor


近年、地球環境保全の観点から内燃機関に変わる次世代動力に関しての開発が叫ばれている。中でも電気推進は自動車関係の開発に伴い急速にその水準が向上してきている。動力源となる電気においては、自家発電のシステムの研究がなされてきているが、現状の自家発電システムでは未だ電力供給能力が完全とは言えず、発電~放電の循環サイクルを満たすシステムを構築することは、発電規模、コスト面などの側面からも容易ではない。現時点での電気推進の乗り物の設計においては、用途や使用現場の設定においてこれらの条件に留意する必要がある。
今回研究を行った瀬戸内の島々は上記の条件に適した地域である。瀬戸内には多くの美しい自然の残る小島が点在しているが、長大橋出現により、地域の足となってきた小型船舶の定期船の廃止が相次ぐなど、小さな島々の住民の近距離移動の足が消えつつあるという現実があった。ベルリン・ヴァイゼンゼー美術学院と本学の学生との共同サーベイからは、これらの島々の特殊な環境に着目し、瀬戸内ならではの小型の電気推進船舶の提案がなされた。

Recently we must find out the next generation driving system as soon as possible from the viewpoint of saving the earth. There are many ecological driving systems. Of these, particularly electronic driving system is getting better.
Nowadays, many people are researching about ecological generation systems, but all the performance of supply energy capacity is quite little, so we don’t have the perfect cycle energy system now. From this reason when we design new ecological transportation we must consider about the scale of the ecological electronic system.
“Setouchi” sea is one of the best area for the systems. The people who lives wants new transportation .There are a lot of natural beauty, Islands, but the people can’t go across the Islands freely because of the abolition of the Ferry route. The students of our university and the university of Berlin-Weissensee designed the ecological ship for the peoples.


ラーニング・コモンズを核とする大学図書館の新しい環境整備に関する研究
STUDY FOR THE ENVIRONMENTAL DESIGN OF LEARNING COMMON IN THE LIBRARY OF UNIVERSITY
English Abstract PDF

鈴木 明 デザイン学部環境・建築デザイン学科 教授
小山 明 デザイン教育研究センター 教授
赤崎 正一 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
藤山 哲朗 デザイン学部環境・建築デザイン学科 準教授
久慈 達也 図書館 研究員

Akira SUZUKI Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Akira KOYAMA Center for Design Studies, Professor
Shoichi AKAZAKI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Tetsuro FUJIYAMA Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Tatsuya KUJI Library, Researcher


デジタル情報技術の導入によって大学図書館における閲覧や学習の方法が大きく変貌した。情報ネットワークにつながることで、図書館所蔵の資料と閲覧空間の仕切りが曖昧になりつつあるが、「ラーニング・コモンズ」は、このような図書館をめぐる状況における、図書館の閲覧と学習環境整備の新しい考え方を示している。本研究は、「新しい時代の図書館研究会」メンバーを中心とした研究会の活動で得た知見とネットワークを通じて、大学図書館にアンケート調査を行い、その分析を行った。
ラーニング・コモンズが提唱される以前から、すでに公共、大学を問わず図書館における閲覧のスタイルと閲覧環境は、すでに大きな変貌を遂げている。インターネットを通じたさまざまな情報収集やコミュニケーションは、すでに市民権を得ているからである。一方、大学図書館において、情報リテラシーに基づいた学習と研究のための方法論は、いまだ確立されていない。そのためにラーニング・コモンズという新しい環境整備の理念と方法論が必要であり、先験的な大学図書館では、この言葉を用いずとも、すでに実践を始めていることがわかった。

The way people browse and study at university libraries has changed significantly as IT was introduced and spread rapidly. The boundary between university archives and reading rooms has became ambiguous as resources at libraries increasingly became available online. ‘Learning Commons’ demonstrates the new concept of browsing and learning at libraries on the back of universal access to IT. We conducted a survey for university libraries across Japan and have received a number of questionnaire back. In fact, the environment surrounding libraries, regardless of their public, private, or academic functions, has changed markedly long before the concept of “Learning Commons” was introduced. What we discovered through the survey is, however, that a majority of university libraries have not yet established any systematic way of educating users how to use IT to maximise their learning opportunities. Although having said that, we did find that there are several university libraries that have started distributing progressive know-how to users unconsciously adopting the concept of “Learning Commons”.


環境デザイン教育に関する国際教育プログラムの構築と実施方法に関する研究
STUDY ON INTERNATIONAL EDUCATION PROGRAM IN ENVIRONMENTAL DESIGN
English Abstract PDF

佐々木 宏幸 デザイン学部環境・建築デザイン学科 特別准教授
川北 健雄 デザイン学部環境・建築デザイン学科 教授
岡村 光浩 デザイン教育研究センター 准教授
鎌田 誠史 国立有明工業高等専門学校 建築学科 准教授

Hiroyuki SASAKI Department of Environmental Design, School of Design, Special Associate Professor
Takeo KAWAKITA Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Mitsuhiro OKAMURA Center for Design Studies, Associate Professor
Seishi KAMATA Department of Architecture, Ariake National College of Technology, Associate Professor


本研究では、2011年1月に本学で1週間にわたり実施された、アムステルダム在住の本学の吉良森子客員教授によるワークショップ「吉良森子と都市を考える」の実施経験をもとに、その準備・実施・フォローアップの経緯を概観するとともに、環境デザイン分野における国際教育プログラムの構築や実施方法に関して考察し、以下の4点に要約した。
1. ワークショップにおける課題設定の重要性
2. 詳細な講評を通して一人の建築家の視点を学ぶ重要性
3. 国際教育プログラムにおけるインターネット活用の可能性
4. グループワークへの参加の仕方を学ぶ重要性
今後も、本ワークショップの実施を通して得た経験を生かし、海外の教育機関等との協力による海外での国際教育プログラムの実施方法とともに、日本国内で実施する国際的教育プログラムの構築方法について探究してゆくつもりである。

This study examines the implementation method of international education program in environmental design through our experience of the preparation for, implementation of and follow-up on “Exploring Urban Design with Moriko Kira”, the intensive workshop held at Kobe Design University in January 2011, and summarizes as follows:
1. Selecting a proper project for a design workshop is essential for success.
2. Learning the perspective of one architect through thorough design review is significant.
3. Utilizing the internet for communication in international education has great potential.
4.Learning how to act in group work is important.
We will make the most of the experience that we have gained through this workshop and explore the way to implement international education program in environmental design in Japan as well as in foreign counties through the collaboration with institutions in the world.


地域社会へ発信する授業の開発とその実践的研究
「構成された光展」をとおして
THE DEVELOPMENT OF THE CLASS TO SEND IT TO THE REGIONAL COMMUNITY AND THE PRACTICAL RESEARCH
Through the "Constructed light exhibition"
English Abstract PDF

久冨 敏明 デザイン教育研究センター 准教授
市野 元和 先端芸術学部クラフト・美術学科 教授
山﨑 均 デザイン教育研究センター 教授
荒木 優子 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 准教授
瀬能 徹 デザイン学部ファッションデザイン学科 准教授
*1) 註に記載するリストと合わせて共同研究者とする。

Toshiaki HISATOMI Center for Design Studies, Associate Professor
Motokazu ICHINO Department of Crafts and Arts, School of Progressive Arts, Professor
Hitoshi YAMAZAKI Center for Design Studies, Professor
Yuko ARAKI Department of Visual Design, School of Design, Associate Professor
Toru SENOU Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Associate Professor


本研究は、デザインとアートを専門とする大学における授業開発の試みである。それは、複数の異なる演習授業やゼミにおいて制作された学生作品を発表するひとつの場をつくりだすことである。
演習課題の多くは通常ひとつの授業やゼミの枠組みの中で評価される。本研究では、その枠組みを開く事を考えた。展覧会を開催し演習作品を発表することによって学生個人の作品が広く評価され、また同時に授業やゼミの内容に対する外部評価を受ける。このことによって学生の学習意欲向上と取組む課題の内容が常に新しく更新されて行く状態を継続的につくり出すことが可能となる。
また本研究の特徴は、異なる専門分野で共有できるテーマ「構成された光」を設定することによって、全学的な取組みとして展開する可能性にある。これらの成果によって、大学における教育を地域社会へ広く発信することを目指している。

This Research is a trial of the class development in the university specialized in a design and the art. It is to create a place announcing the student work produced in plural different practice classes and seminars generally.
Many of practice works are usually evaluated in the frame of one class and seminar.
In this Research, We thought of opening the frame.
The student work is evaluated widely by holding an exhibition and announcing the practice. And also we can receive outside evaluation for the contents of a class and the seminar at the same time.


公立学校と住民主導まちづくり組織の協働による地域交流施設の管理と地域づくりのデザイン
-兵庫県播磨町での取り組みを通して-
DESIGN OF COMMUNITY DEVELOPMENT AND FACILITY UTILIZATION ON COLLABORATION OF LOCAL COMMUNITIES
In case of Harima Town, Hyogo Pref.
English Abstract PDF

倉知 徹 芸術工学研究所 特別研究員
川北 健雄  デザイン学部環境・建築デザイン学科 教授
佐々木 宏幸 デザイン学部環境・建築デザイン学科 特別准教授
相良 二朗  デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授

Tohru KURACHI Research Institute of Arts and Design, Research Fellow
Takeo KAWAKITA Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Hiroyuki SASAKI Department of Environmental Design, School of Design, Special Associate Professor
Jiro SAGARA Department of Product Design, School of Design, Professor


本稿は、身近な生活環境における地域住民主体のまちづくりにおいて、多様な立場の地域住民が連携・協働するための相互理解を深めることと拠点施設の活用を目的としたアートワークショップ(AWS)の開催内容と、その効果について報告を行う。
AWS は、はりまデザインラボ、東はりま特別支援、県立播磨南高校の連携によって企画され、運営が行われている。アート創作活動には、東はりま特別支援高等部の生徒と、南高校芸術類型の生徒が参加し、共同して作品の制作を行った。このAWSの取組みを通じて、以下の3点が明らかになった。
1)AWSが、はりまデザインラボ、東はりま特別支援、南高校の連携に拠って企画運営され、知的障がいのある生徒と地域の人との相互理解を深めるきっかけとなっていること。(2)東はりま特別支援生徒と南高校生徒が協力して絵を描くことで、知識だけの理解ではない相互理解が得られたこと。教諭の評価も高く、AWSの効果があると捉えられており、継続実施が期待されていること。(3)AWSは交流施設で開催され、作品完成後の展示も行われていること。創作活動から展示まで行える拠点の存在が播磨町の取組みの特徴となっていること。

This report aims to clarify the process and effects of Art Workshop (AWS), which aimed to achieve mutual understanding between various communities and utilize local exchange facility on community development activities led by local residents. AWS was planned and operated by Harima Design Lab. (HDL), East Harima Special Needs School (EHSNS) and Harima South High School (HSHS). Student of EHSHS and HSHS participate the art creative activity, and produced the work by cooperating.
Through AWS, the following three points are obtained. 1) AWS has been planned by HDL, EHSNS and HSHS, and provided chances of deeper mutual understanding between handicapped student and local resident. 2) Through the cooperative activities, student of EHSNS and HSHS achieved mutual understanding. And teachers evaluated the activities high and hoped continue acting. 3) AWS and the exhibition after the AWS were hold at local exchange facility. One of features of this community development activity is existence of such foothold.


「ガーデンシティ舞多聞」における コミュニティデザインとコミュニティマネジメントの実践的研究
STUDY ON COMMUNITY DESIGN AND COMMUNITY MANAGEMENT AT GARDEN CITY MAITAMON IN KOBE
English Abstract PDF

鎌田 誠史 有明工業高等専門学校 建築学科 准教授
谷口 文保 先端芸術学部クラフト・美術学科 講師
久本 直子 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 助教
齊木 崇人 大学院芸術工学研究科 教授
佐々木 宏幸 デザイン学部環境・建築デザイン学科 特別准教授

Seishi KAMATA Department of Architecture, Ariake National College of Technology, Associate Professor
Fumiyasu TANIGUCHI Department of Crafts and Arts, School of Progressive Arts, Associate Professor
Naoko HISAMOTO Department of Visual Design, School of Design, Assistant Professor
Takahito SAIKI Graduate School of Arts and Design, Professor
Hiroyuki SASAKI Department of Environmental Design, School of Design, Special Associate Professor


「ガーデンシティ舞多聞」の第1工区目である「ガーデンシティ舞多聞」みついけプロジェクトは、都市再生機構と神戸芸術工科大学、そして住民との連携で進められている宅地開発プロジェクトである。新しい郊外居住と持続可能な地域コミュニティづくりを目指すこのプロジェクトは、約6ha の面積に、宅地68区画、緑地公園、街区公園、共同施設(コミュニティスペース)が配置される。
さらにみついけプロジェクトの計画手法を使用して、「みついけ南プロジェクト」(全82画地)の計画を行っている。ここでは、「グループ募集」を導入した。ここでの「コミュニティづくり」「ルールづくり」「すまいづくり」はみついけプロジェクトでの経験が生かされている。
神戸芸術工科大学が、継続的に「空間デザイン(住まい、緑等)」「コミュニティ」「マネジメント(ルールづくり、組織づくり等)」といった専門分野のサポートを行うことより、安定し、持続的なまちづくりや自立した持続可能な地域コミュニティづくりを実現している。

The area developed in the first phase within The Garden City MAITAMON Project is named MITSUIKE.The MITSUIKE project is a residential development project that has been implemented through collaboration between KDU, UR and the residents.
The town planning methods employed by the MITSUIKE Project which introduced the group application system were also applied to implement the MITSUIKE Minami Project (for a total of 82 lots).The MITSUIKE Minami project is making use of the experience obtained through the MITSUIKE project in community building, rule development and residential design.
The KDU provided continued support in specialized fields such as “spatialdesign” (housing, greening, etc.), “community development,” and “management” (the establishment of rules and the formation of organizations). Such support helped realize stable and sustainable town planning and an autonomous,sustainable community development.


奥付

神戸芸術工科大学紀要
芸術工学2011
________________________________________
2011年11月30日公開
________________________________________
著作権・複写・リンクについて

このWebサイトの著作権は神戸芸術工科大学にあります。複写及びリンクは、営利目的としない場合に限り、連絡不要で行っていただいて結構です。但し、営利目的の場合は制作・管理者までご連絡ください。複製については一切禁じます。このサイト内のデータなどを利用したことによって被られた損害について補償は致しかねます。また、サイト内に張られた外部リンクの内容についても本学は責任を擁しませんのであらかじめご了承ください。
________________________________________
神戸芸術工科大学
〒651-2196
神戸市西区学園西町8-1-1
TEL:(078)794-2112(代)
FAX:(078)794-5027
http://www.kobe-du.ac.jp/
________________________________________
【編集】
〈図書館委員会〉
小山 明<委員長>
鈴木 明
杉本 真理子
宮本 隆司
岩田 広己
寺門 孝之
戸矢崎 満男
見明 暢
花田 佳明
久慈 達也
新井 芳則

◎ 事務局
図書館事務室
________________________________________
ISSN 0917-8074