2010

作品

3DCGZOO
立体映像を用いたインスタレーション
3DCGZOO
Installation that uses stereoscopic vision
English Abstract PDF

志茂 浩和 先端芸術学部映像表現学科 教授

Hiroyasu SHIMO Department of Image Arts, School of Progressive Arts, Professor


2009 年10 月3 日~11 月23 日まで開催された「アートインコンテナ」国際展は、神戸ビエンナーレにおけるメインコンペティションであり、輸送用コンテナ内部を展示空間とし、その限られた空間を構成する作品を競うものである。
3DCGZOOは、神戸ビエンナーレ2007 で発表したCGZOOの映像部分を立体映像に置き換え、完成度を高めることを目的に計画した作品である。この作品を実現するためには、リアプロジェクションによる立体映像投影を可能にするために拡散効率が高いスクリーンが必要だ。3DCGZOO で用いたDLC スクリーンは、東北大学大学院工学研究科内田研究室が開発し、リンテック株式会社で制作された非常に高性能なスクリーンであり、問題を解決する唯一の方法である。また、立体映像を制作・再生するための方法/音楽が単なる繰り返しにならないための方法/不特定多数の観客に立体視用のメガネを配布することなく円滑に鑑賞させるための方法など、多方面にわたる工夫も必要だったため、研究・実現した。映像の内容である3DCG キャラクターのテクスチャ制作やカスタマイズについても、これまでとは違うアプローチを試みている。
この論で取り上げるには煩雑であること、会期以降、新たな試みを重ねていることから別に「Quon」として発表する。

October 3,2009 “Art In Container” international exhibition was held until November 23,2009 as the main competition in the Kobe Biennale.In this competition every competators a re provided with a transportaion container free space to exibit their work.3DCGZOO is the project that I exhibited there.
3DCGZOO replaces an image part of CGZOO announced by Kobe Biennale in 2007 with the stereoscopic vision to achieve the completeness and perfection of the CGZOO
project.In order to achieve the perfection and to enable the 3D image projection by rear projection, diffussin effecient and very hig quality screen was used which is the DLC screen.The DLC screen used in 3DCGZOO is a very effecient screen that the Tohoku University Graduate School of Engineering Research Course Uchida Laboratory developed and was produced by Lintec Co.Ltd..Moreover,It was necessary to research a new method for the production and reproduction of a stereoscopic vision including the sound system.It was necessary to devise it to appreciate without distributing stereoscopic glasses to the unspecified number of spectators.


Quon
テクスチャリングとカスタマイズの手法
QUON
Technique of texturering and customizing
English Abstract PDF

志茂 浩和 先端芸術学部映像表現学科 教授

Hiroyasu SHIMO Department of Image Arts, School of Progressive Arts, Professor


Quon は、2009 年に神戸ビエンナーレに出品した3DCGZOO において立体映像として発表した。しかし、このキャラクターをインスタレーション作品の一部としてだけ制作しているわけではない。遅々として進まないが、彼らが主人公として活躍する映像作品を制作することを前提としている。つまり、できるだけあらゆる動作、表情が可能な有能な役者として成立することを目標にしている。架空のキャラクターだからこそ詳細な質感表現にこだわり、表面的な信憑性を重視している。その方法論についても本稿で言及する。一方、動作に関しては、効率的なアニメーション制作のためにキャラクターをカスタマイズすることを重視している。カスタマイズの要点は、体の各部分が主たる動作に連動する仕組みを構築することである。最も代表的な例として、歩行動作におけるつま先と重心の連動をあげることができる。このようなカスタマイズを施すことで単純にアニメーションさせる要素を減らすことができる。この例であれば、3 つのアニメーションすべき要素を2 つにすることができる。しかし、実際には単純に作業量が減るということ以上の様々な恩恵をもたらす。それは、アニメーターにキャラクターが潜在的に持っている動きの可能性を気付かせるという効果だ。

[Quon] issued an announcement as a 3D Image in 3DCGZOO that had been exhibited in the Kobe Biennale in 2009.This character was not produced as a part of the installation work only.We required to produce it as an active 3D Image as a main character but unfortunately it did not advanced at all. For the efficient animation production the most important point is the customization or set up of the character.The point that should be considered in the customization process is to construct the mechanism that each part of the body synchronizes withthe main action performed.For example,thesynchronization of the gearing of the center of gravity withthe movement of the toe in a wallking action which cansimply decrease an element that an animation processneeds by customizing in this way.In the case of the exampleabove the element count of the animation process isdecreased from three elements to two elements.Not onlythe element count is decreased but also different otherbenifits are provided to the animators for easy animationprocess.Also,this introduce the animator with the possibleproperty of movement and potential of the character.


おかもち Ready-made Reprogramming 作品解説
EXPLANATION OF “OKAMOCHI READY-MADE REPROGRAMMING”
English Abstract PDF

久冨 敏明 デザイン教育研究センター 准教授

Toshaiki HISATOMI Center for Design Studies, Associate Professor


本稿は、作品「おかもち Ready-made Reprogramming」の解説である。「Ready-made(既製品)」について熟考することによってデザインされた本作品は、2010年1月に開催された「2010 WORLD CREATORS AWARDS」の入賞作品のひとつである。

This paper is the explanation of “OKAMOCHIReady-made Reprogramming”. Internationalcompetition of “WORLD CREATORS AWARDS 2010″was held in January, 2010 .” OKAMOCHI Ready-madeReprogramming ” was one of the winning works. Thework was designed that based on consideration aboutthe “Ready-made”.


論文

初年次教育・基礎教育についての一考察
神戸芸術工科大学における英語教育を中心に
A THOUGHT ON FIRST YEAR / FUNDAMENTAL EDUCATION
From the Viewpoint of English Education at Kobe Design University
English Abstract PDF

岡村 光浩 デザイン教育研究センター 准教授

Mitsuhiro OKAMURA Center for Design Studies, Associate Professor


昨年度掲載論文の流れを受け、本稿では神戸芸術工科大学における英語教育の現況につき報告すると共に、本学の基礎教育・初年次教育全体における英語(外国語)教育の位置づけについて、論を続けていく。
まず前号論文以後に展開された2010年度の英語科カリキュラム改訂のねらいと現状について、大学院の状況も合わせて述べる。次に、学生への指導方針の手がかりとして、「ニホン英語」の考え方について、その概要と授業での実践例を紹介する。
最後に、英語の授業の一環として行った企画や指導した学生の活躍などを採り上げると共に、「英語(語学)以前の問題」への全学としての取り組みの必要性につき論じたい。

This paper is the sequel to the one published last year.The purpose of the paper is to explain the present situationof English education at Kobe Design University, and tocontinue its discussion on the positioning of English orforeign language education.The author explains the aims and present situation ofEnglish curriculum reform, with current state of thegraduate program. Then he introduces the idea of NihonEigo (Japanese English) as the possible key to the guidingprinciple for students. Finally, the author introduces someof his attempts in the class and the success of students hesupervised, and discusses about the necessity for theuniversity as a whole to tackle the problem “beyond”English/language education.


「十二音技法」のモデルとダイアグラムについて
ヨーゼフ・マティアス・ハウアーとヨハネス・イッテン
A STUDY ON MODELS AND DIAGRAMS OF ‘TWELVE-TONE TECHNIQUE’
Josef Matthias Hauer and Johaness Itten
English Abstract PDF

尹 智博 デザイン教育研究センター 助手

Jibak YOON Center for Design Studies, Assistant


本論は、近代ウィーンの作曲家ヨーゼフ・マティアス・ハウアーとアーノルド・シェーンベルクらによって生み出された「十二音技法」の音楽と造形芸術との関係性についての研究を試みる。色彩と音楽の関係については、古代から様々な関心が持たれていたが、ここでは特に近代の、ハウアー、シェーンベルクによって各々の「十二音技法」に関するモデルやダイアグラムの役割を明らかにし、また、ハウアーの「十二音技法」でもあるトロープスのパターン・ダイアグラムとヨハネス・イッテンの色彩関係を示した「12色環」ダイアグラムとの間に図像的観点からの類似点についての研究を行う。

This paper is intended to interpret the relations betweenModern Art and Music of ‘Twelve-tone Technique’ by JosefMatthias Hauer and Arnold Schoenberg composers inmodern Wien.The Relationship between color and music has attractedconcerns since ancient times. This paper is intended toclarify the role of the models and diagrams in ‘Twelve-toneTechnique’ by Hauer and Schoenberg. The author alsodeals with the similarity shown between thepattern-diagram of ‘Tropes’ of Hauer’s ‘Twelve-toneTechnique’and Johannes Itten’s ‘Twelve-color Scale’diagram showing color relations.


報告

「身体の記憶とテキスタイル」展
講義と展示のコラボレーション実践
“PHYSICAL MEMORIES AND TEXTILES” EXHIBITION
Practical Implementation of a collaboration between Coursework and Exhibitions
English Abstract PDF

石垣 陽子 デザイン学部ファションデザイン学科 助手
山崎 明子 奈良女子大学生活環境学部 助教

Yoko ISHIGAKI Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Assistant
Akiko YAMASAKI Nara Women’s University, Faculty of Human Life and Environment, Associate Professor


本報告は、奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター主催の「石垣陽子作品展 身体の記憶とテキスタイル」と全学科目「ジェンダー論入門」のコラボレーション実践報告である。通常、大学教育において展示を導入する際、展示過程への学生の参加が中心となりキュレーション学習と位置付けられることが多い。本実践は、「ジェンダー論入門」というオムニバス講義の中で「美術とジェンダー」について学び、講義を前提として作品展を観ること、講義者と作家のトークセッション、さらに学生は展覧会批評に挑むことにより、作品理解を深め「美術」を社会的・文化的構造の中に位置づけ理解することを目指している。アートをアカデミズムの中に引き寄せると同時に、アートがアカデミズムの枠組みに侵犯することで、その境界線上で主体的に作品と向き合う場を構築し批評空間を創出する可能性を生む。

This is a report of the practical implementation of a collaboration between the “Introduction to the Gender Studies” course and the hosting of the Yoko ISHIGAKI Exhibition “Physical Memories and Textiles” by Nara Women’s University’s Asia and Gender Culture Research Center. Normally, when an exhibition is introduced into university class work, it is often student-orientated and in the form of curation praxis. In this case, students studied “Art and Gender” within the omnibus lectures of the “Introduction to the Gender Studies” course with the condition that they went to an exhibition, took part in a talk show with the artist and by daring to critique the exhibition, the aim was to have them develop a deeper understanding of the exhibits by understanding the social and cultural framework of the positioning of “art”. By drawing art into academia, it is coincidentally possible to have art invade the framework of academia and at the dividing line, provide a place at the where students can subjectively confront art and make it possible to create a“critical space”.


神戸研究学園都市における当初マスタープランと現状の比較考察
A COMPARATIVE STUDY ON ORIGINAL PLAN AND CURRENT PLAN
In a case of Kobe Kenkyu Gakuen-toshi
English Abstract PDF

水島 あかね 明石工業高等専門学校建築学科 助教
倉知 徹 デザイン学部環境・建築デザイン学科 助手
亀屋 恵三子 神戸工業高等専門学校都市工学科 講師
早川 紀朱 中部大学工学部建築学科 講師
橋本 大樹 有限会社プランまち さと 研究員

Akane MIZUSHIMA Department of Architecture,Akashi National College of Technology, Assistant Professor
Tohru KURACHI Department of Environmental Design, School of Design, Assistant
Emiko KAMEYA Department of Civil Engineering,Kobe City College of Technology, Assistant Professor
Noriaki HAYAKAWA Department of Architecture ,Chubu University, Assistant Professor
Tomoki HASHIMOTO Planning Office of Town & Country Inc., Researcher.


神戸研究学園都市は神戸市西区ある神戸市営地下鉄学園都市駅を中心に広がるニュータウンである。近畿圏・神戸都市圏における研究教育機能の核として、1)地域主義への指向、2)生涯教育への接近、3)国際性の追求をテーマに計画され、昭和60 年の入居開始後25 年を迎えた現在も開発が進められている。
本報告は、神戸研究学園都市の開発当時の計画を整理し、現状と比較することによって、今後の地域社会における研究教育機関及び当該市街地の在り方についての考察を行うことを目的としている。具体的な方法は、計画当時の資料を収集・分析、現地調査や関係者へのヒアリング調査等による。
その結果、1)計画当初は地域連携の視点があまり見られなかったこと、2)学生・教職員と住民の出会いを目的に計画された動線がうまく使われていないこと、3)大学近郊に下宿すると想定した学生数を確保できていないこと、4)UNITY(神戸研究学園都市内研究教育機関の連携組織)が全国に先駆けたもので一定の成果をあげていること、が明らかになった。今後の地域連携を考えるにあたっては、UNITY を活用し、学生がまちに関われる環境づくりを進めていくことが必要といえる。

Kobe Kenkyu Gakuen Toshi is a new town located atKobe City West Ward. Over 25 years since the firstsettlement in 1985, the town has been developed urbanregion along the themes of 1) regionalism orienteddevelopment, 2)access to lifelong integrated education,3)international approach. This paper aims to make theoriginal plan at its foundation clear and compare withcurrent built environment. As a result, the future role ofeach research institute and whole town is given.Conclusion is summarized as below, 1)the original planwas lack for its vision of collaboration between institutes.2) The circulation which was planned to promotecontacts among students, teaching staff and residentsdid not work well. 3) Students do not live nearbyuniversities against initial predicts. 4) UNITY is a quiteunique and advanced organization in Japan, it still hasaspects to be improved from the view point of communitycollaboration. It is necessary to deliver and announceUNITY to residents and also to construct environmentboth in hardware and software where students can beinvolved in town as principal users.


神戸「ガーデンシティ舞多聞」
みついけプロジェクト6、てらいけプロジェクト2
GARDEN CITY MAITAMON IN KOBE,
MITSUIKE Project6, TERAIKE Project2
English Abstract PDF

齊木 崇人 大学院芸術工学研究科 教授
佐々木 宏幸 デザイン学部環境・建築デザイン学科 准教授
鎌田 誠史 大学院芸術工学研究科 助手
谷口 文保 先端芸術学部クラフト・美術学科 講師
久本 直子 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 助教

Takahito SAIKI Graduate School of Arts and Design, Professor
Hiroyuki SASAKI Department of Environmental Design, School of Design, Associate Professor
Seishi KAMATA Graduate School of Arts and Design, Assistant
Fumiyasu TANIGUCHI Department of Crafts and Art, School of Progressive Art, Associate Professor
Naoko HISAMOTO Department of Visual Design, School of Design, Assistant Professor


「ガーデンシティ舞多聞」の第1工区目である「ガーデンシティ舞多聞」みついけプロジェクトは、都市再生機構と神戸芸術工科大学、そして住民との連携で進められている宅地開発プロジェクトである。新しい郊外居住と持続可能な地域コミュニティづくりを目指すこのプロジェクトは、約6ha の面積に、宅地68区画、緑地公園、街区公園、共同施設(コミュニティスペース)が配置される。
さらにみついけプロジェクトの計画手法を使用して、「みついけ南プロジェクト」(全82 画地)の計画を行っている。ここでは、「グループ募集」を導入した。ここでの「コミュニティづくり」「ルールづくり」「すまいづくり」はみついけプロジェクトでの経験がいかされている。
また、ガーデンシティ舞多聞」の西端部に位置する、自然地形を活用した「てらいけプロジェクト」(約10ha)を現在整備している。「みついけプロジェクト」「みついけ南プロジェクト」の経験をいかし継続的な住宅コミュニティの創造と日本の住宅が抱える課題の解決を目指している。
住まう人が自らのまちを誇りに思え、そして、その環境の価値を共有できるまちをつくれるか。次の世代を見据えた提案が、今後のまちづくりの目標である。

The area developed in the first phase within TheGarden City MAITAMON Project is named MITSUIKE.The MITSUIKE project is a residential developmentproject that has been implemented through collaborationbetween KDU, UR and the residents.
The town planning methods employed by theMITSUIKE Project which introduced the groupapplication system were also applied to implementthe MITSUIKE Minami Project (for a total of 82 lots).The MITSUIKE Minami project is making use of theexperience obtained through the MITSUIKE project incommunity building, rule development and residentialdesign.
Furthermore, the project to develop TERAIKECommunity (approx. 10 ha), located in the westernmostpart of the Garden City MAITAMON, is currently underway, making effective use of natural geographic features.Capitalizing on the experience of the MITSUIKE Projectand the MITSUIKE MINAMI Project, the TERAIKEProject aims to create a sustainable residentialcommunity and to resolve the aforementionedchallenges confronting Japanese housing.


共同研究

自然の仕組みを理解する科学教材・実験模型のデザイン
TEACHING MATERIALS AND EXPERIMENTAL MODELS FOR SCIENCE EDUCATION
English Abstract PDF

古賀 俊策 大学院芸術工学研究科 教授
小倉 繁太郎 大学院芸術工学研究科 教授
見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
山口 惠子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
大内 克哉 デザイン教育研究センター 准教授

Shunsaku KOGA Graduate School of Arts and Design, Professor
Shigetaro OGURA Graduate School of Arts and Design, Professor
Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Keiko YAMAGUCHI Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Katsuya OUCHI Center for Design Studies, Associate Professor


わかりやすく面白いサイエンスの授業が注目されている。自然の仕組みを説明するために科学教材・実験模型の製作では機能面が重視されるが、若い世代のデザイン志向にも配慮すれば効果的な授業展開が可能となろう。手を動かして体験し、創意工夫するデザイン教育法は、サイエンス教育においても有益な効果を挙げよう。今回は、本学の授業において原理が理解しにくく、イメージが掴めないテーマについて問題点を明らかにし、わかりやすく面白いサイエンスの授業へ展開するために必要な改善点を考察した。とくに、科学教材・実験模型を作りながら、原理を理解するプロセスを検討した。最初に、光の回折及び干渉(ヤングの干渉実験)についてレーザー光とスリットを用いた教材を製作した。本研究では、理解が困難と思われる量子力学の基本概念をより容易に理解させることを目的とした。併せて我々の住んでいる日常世界が、実は多くの人が想像している以上に不思議な自然法則によって支配されていることを認識させた。また、実験を行う前と後で理解度がどのように向上したかをリサーチし、効果を確認した。さらに、力学の基礎を理解させるうえで、「力と加速度」を理解するための教材を作成した。

In the field of science education, interesting andattractive contents are required to explain mechanismsof the nature. Not only functional aspects of teachingmaterials (kyozai), also exterior design of kyozai wouldattract students in science class. We examined contentsof science education in Kobe Design University andclarify what complicated principles and themes were forstudents to understand. In particular, using kyozai andexperimental models we considered learning process ofstudents for scientific principles. At first, in Young’sexperiment (deflection and interference of light) wedesigned kyozai with use of laser light and slits. Weattempted to improve both materials and skills ofteaching regarding basic concept of quantum dynamics.Further, we asked students in class of physics in KDU torecognize mysterious principles of the nature in our dailylife. In addition, questionnaire survey was conducted tograsp how the students improved their understanding.Also, to teach basics of dynamics, we designed kyozai of“strength and acceleration”.


アジアンデザイン
新居浜上部地区太鼓台のデザイン考察を通して
ASIAN DESIGN
The design of drum Floats of Zoubuchiku of Niihama as a case
English Abstract PDF

黄 國賓 大学院芸術工学研究科 助手 (文責)
松本 美保子 名誉教授
齊木 崇人 大学院芸術工学研究科 教授
今村 文彦 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
山之内 誠 デザイン学部環境・建築デザイン学科 準教授

KuoPin HUANG Graduate School of Arts and Design, Assistant
Mihoko MATSUMOTO Honorary Professor
Takahito SAIKI Graduate School of Arts and Design, Professor
Fumihiko IMAMURA Department of Visual Design, School of Design Professor
Makoto YAMANOUCHI Department of Environmental Design, School of Design, Associate Professor


太鼓台とは、豊作の秋を感謝して氏神に奉納していたもので、多くの場合は瀬戸内海沿岸の港町、漁師町を中心に分布し、祭礼山車の一種である。重さ2、3トン、長さ12メートル、4~5メートルの高さをもつ。160人のかき夫が担ぎ差し上げる太鼓台は、仕込まれた太鼓を打ち鳴らし、大勢の人々が担ぎながら練り歩く。華麗な姿は、祭礼の中でとりわけ際だつ存在である。本報告は2009年10月15日~10月17日の間、西条・新居浜祭りの調査、情報収集に基づいて纏めたものである。特に新居浜の上部地区の船木地区、角野地区、泉川地区、中荻地区、四つ地区合計19 台の太鼓台を対象としてとらえた(1)「太鼓台」の構造原理(2)「太鼓台」とデザイン(3)「太鼓台」と色彩など三つの視点から各地区の太鼓台と比較しながら、各太鼓台の基本的な構造、デザイン構成要素を明らかにすることを目的とする。

Drum Floats is the one which is dedicated to the god in appreciation for the autumn of the good harvest. In many cases, it could be found in the coasts and the fisherman towns of Setonaikai. It is a kind of festival float which is two and three tons in weight, 12 meters in length and 4 and 5 meters in height. Each drum float which is 4-5m in height carrying a drum and is carried by 160 persons while the drum is played and it is followed by crows of people. Its splendid figure is conspicuous in the festival. This report is made based on the research which was held on 15th to 17th of October, 2009. The research was on Saijo and the Niihama festival. Especially Funaki area in the upper area in Niihama, Kakuno division, the Izumi Kawachi division, Nakaogi area.19 drum floats in the above 4areas were investigated. (1) Structure principle of “drum floats” (2) “drum floats” and its design (3) Drum floats and its colors. The research aims to investigate the fundamental structure of each drum floats and a design constituent factor by comparing with the drum floats of each area from the above three viewpoints.

11.
まんがの絵をデザインは何故忌避するのか。

MANGA IN DESIGN

大塚 英志  先端芸術学部まんが表現学科 教授
杉本 真理子 先端芸術学部まんが表現学科 講師

Eiji OHTSUKA Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Professor
Mariko SUGIMOTO Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Assistant Professor
まんが編集の現場に潜在的に存在する「まんがの絵」とデザインの齟齬ないしは回避について問題の整理を行った。まんが雑誌、まんが単行本の表紙デザイン、装丁においてデザイナーはまんが表現の色彩、アイコンとしてのキャラクター、筆致の要素との衝突を回避するため、それらの要素をデザイン処理で削ごうとする傾向にある。この問題の起源を考えるためには「まんがの絵」が「構成」としてもくろまれたという事実に注意すべきである。

The problem of the discrepancy or the evasion of “Pictureof the cartoon” that existed in potential on the site of thecartoon editing and the design was arranged. Whencover design and binding cartoon magazines aredesigned, the designer tends to start reducing in processthe design to evade the collision with the element of thecolor of cover reality, the character as the icon, and thetouch those elements. It is necessary to note the fact that”Picture of the cartoon” was planned as “Composition” tothink about the origin of this problem.


まんがの絵をデザインは何故忌避するのか。
MANGA IN DESIGN
English Abstract PDF

大塚 英志 先端芸術学部まんが表現学科 教授
杉本 真理子 先端芸術学部まんが表現学科 講師

Eiji OHTSUKA Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Professor
Mariko SUGIMOTO Department of Manga Media, School of Progressive Arts, Assistant Professor


まんが編集の現場に潜在的に存在する「まんがの絵」とデザインの齟齬ないしは回避について問題の整理を行った。まんが雑誌、まんが単行本の表紙デザイン、装丁においてデザイナーはまんが表現の色彩、アイコンとしてのキャラクター、筆致の要素との衝突を回避するため、それらの要素をデザイン処理で削ごうとする傾向にある。この問題の起源を考えるためには「まんがの絵」が「構成」としてもくろまれたという事実に注意すべきである。

The problem of the discrepancy or the evasion of “Pictureof the cartoon” that existed in potential on the site of thecartoon editing and the design was arranged. Whencover design and binding cartoon magazines aredesigned, the designer tends to start reducing in processthe design to evade the collision with the element of thecolor of cover reality, the character as the icon, and thetouch those elements. It is necessary to note the fact that”Picture of the cartoon” was planned as “Composition” tothink about the origin of this problem.


アートの記録・再現としての「アートブック」における活字・文字組版表現の研究
A Study on Typographic and Compositional Expression in Art Books as a Medium for Recording and Reproducing Art
English Abstract PDF

赤崎 正一 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
戸田 ツトム デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
寺門 孝之 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
橋本 英治 先端芸術学部まんが表現学科 教授

Shoichi AKAZAKI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Tztom TODA Department of Visual Design, School of Design, Professor
Takayuki TERAKADO Department of Visual Design, School of Design, Professor
Eiji HASHIMOTO Department of Manga Media, School of Design, Professor


 現代アートの表現手法は多様であり、その記録のための「アートブック」も様々な形式がある。また近年、アートの世界では言語表現・文字記号表現を含むものの重要性が増している。したがって従来の画像類の掲載・再現ではすまない記録法が求められている。本研究では考察されることの稀だった文字・組版表現とアートの記録について検証を行う。
 事例として2008年10月29日、ビジュアルデザイン学科による独自開催特別講義「Art /内藤礼」を取り上げる。その繊細を極めた表現で国際的に活躍している美術科・内藤礼氏は、また寡黙な作家としても知られている。この特別講義は、自らの作品を語ることにきわめて稀な作家自身の言葉の貴重な記録となった。そうした内藤氏の表現の内実に対応した「本」をつくりあげることが本研究の課題であった。
 2009年12月、それは単行本「内藤礼〈母型〉」として刊行された。戸田ツトム教授の全面デザインによるこの単行本化の作業は、そうした高度なデザイン課題への挑戦でもあり、また現代デザインの隘路たる「デザインの消滅を企図するデザイン」への回答とも位置づけられるものとなった。
 作家の言葉の背後に広がる深い世界をいかに組版と図版により読者に伝えうるかという、デザインの試行である。

As means of expression in contemporary art are diversied, art books as a medium for recording art also take many different styles. On the other hand, linguistic and character expressions have recently become increasingly important in the art scene.In this context, there should be a new means of recording art that goes beyond the simple presentation of graphic images in the conventional art books. This course studied typographic and compositional expression in art books as a medium for recording art.
The course focused on exploring “Art / Rei Naito,” a special lecture presented by Department of Visual Design on October 29, 2008.Rei Naito is an artist whose refined sensitivity is highly reputed in the world. She is also renowned for being taciturn about her work. The lecture was a very rare opportunity in which the artist talked about her art. The purpose of this course was to make a “book” that reflects the essence of her artistic expression.
The book, Naito Rei <Bokei>, was published in December 2009. Designed entirely by Professor Tsutomu Toda, the whole process of making this book was a challenge to an advanced design issue as well as an answer to the “design intended to vanish design,” an aporia in contemporary design.


大学教育における社会連携のデザインシステムの構築
CONSTRUCTION OF DESIGN SYSTEM OF SOCIAL COOPERATION
English Abstract PDF

かわい ひろゆき デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
荒木 優子 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 准教授
瀬能 徹 デザイン学部ファッションデザイン学科 准教授

Hiroyuki KAWAI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Yuko ARAKI Department of Visual Design, School of Design, Associate Professor
Toru SENOU Department of Fashion Design, School of Design, Associate Professor


本研究は、本学がこれまで取り組んできたさまざまな社会連携事案を踏まえ、アートとデザインの分野において社会貢献できる、新しい社会連携の形を模索することが目的である。
そのために、まず、本学が持つクリエーティブ力を積極的に情報発信するためのツールの制作とその活用法を考案した。
具体的なツールとしてポストカードが検討され、学内の教員や学生たちの作品50点を公募により集め、ポストカード・ブックにまとめることとした。
また、それを地域のショップなどに無料配布した。配布場所の選定は作品採用者の裁量に任せることとし、採用の条件として、一人3カ所に配布することを義務づけた。さらに、配布期間を春休みとすることで、帰省先も含めたできるだけ広範囲への流布を狙った。結果的には応募者総数68名、作品点数143点のなかから52名の52作品が選ばれポストカード・ブックとなった。本研究は、学内教員と学生からの52作品によるポストカード・ブックの制作とその配布という、非常に実験的で具体的な試みであったが、初回としてはまずまずの成果をあげることができたと考えられる。

In the present study, groping for the shape of new socialcooperation is a purpose that the contribution to society canbe done in the field of the art and the design based on casefor various societies on which this learning has worked upto now.
Creative power of this learning was first designed andproduction and the use method of the tool to sendinformation positively were designed for that.The postcard was examined as a concrete tool, and it wasassumed that the work 50 points (the teacher and studentsin school) were collected by the public advertisement, and itsummarized it in the postcard book.
52 works of 52 people were consequentially chosen from theaverage of 68 people of the total of the applicant and 143points of the number of works and it became a postcardbook.
It is thought that a so-so result was able to be achievedfirst time though the present study was a veryexperimental, concrete attempt (the production of thepostcard book by 52 works from the school teacher andthe student and the distributions).


エコプロダクトにおけるコミュニケーションデザインの提案
提案型社会連携の取り組みから
PROPOSAL OF COMMUNICATION DESIGN IN ECO-PRODUCT
From the approach of the Social Collaboration of the proposal type
English Abstract PDF

荒木 優子 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 准教授
見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
高橋 篤 デザイン学部ビジュアルデザイン学科 非常勤講師
柊 伸江 芸術工学研究所 研究員

Yuko ARAKI Department of Visual Design, School of Design, Associate Professor
Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Atsushi TAKAHASHI Department of Visual Design, School of Design, Lecturer
Nobue HIIRAGI Research Institute of Arts and Design, Reseacher


本研究は大学が地域社会や企業に積極的に関与し、そこからデザインの課題を導出し、コミュニケーションデザインの観点から提案型の社会連携につなげることを目的としている。動機の背景には、大学の保有するさまざまなリソースを、実社会に還元し社会貢献をおこなう社会企業としての大学の役割を検証することにある。
具体的な研究対象としては、ペットボトル飲料の購入を抑えゴミ問題に対処が可能なエコプロダクトとして、近年使用者が増加傾向にある携帯式マイボトルの中で、ユーザーが自由にボトルの絵柄をカスタマイズできる機能が特徴の商品と、さまざまな野生動物の生態を飼育展示し、教育・研究・繁殖を目的とする施設として地域社会の中で特別かつ重要な位置づけにある動物園を取り上げた。そして、両者を結びつけるデザインの全体テーマを「生物多様性」に設定し研究を行った。以下にその報告を記す。

Present study aim that the university involves incommunity and business organization positively, finds theassignment of design from the involvements, and connectsto the social corporation of proposition type from viewpointof communication design. We verify the role of Universityas an organization holds CSR (corporate socialresponsibility) by restoring and resolving the variousresources which the university possesses to actual society.
We focus on the two definite research objects. One is theportable type my-bottle, which user increases recently asthe echo product instead of purchasing the pet bottlebeverage that raise the rubbish problem. We especiallypick up those my-bottles that user can freely customize thedesign. As another object, we also research the zoo, which isunique and important in community as the facilityintended for education, research, and breeding by exhibitthe mode of the various wild animals’ life. The entire themeof the design which ties both was set to “Biodiversity”.Below, the research report is recorded.


ひのき木綿と間伐材を用いた製品の開発に関する研究
A STUDY AND DEVELOPMENT OF PRODUCTS WITH “HINOKI COTTON”
English Abstract PDF

野口 正孝 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
安森 弘昌 先端芸術学部クラフト・美術学科 准教授
瀬能 徹 デザイン学部ファッションデザイン学科 准教授
泊里 涼子 元・デザイン学部プロダクトデザイン学科 実習助手
川島 徳道 桐蔭横浜大学医用工学部臨床工学科 教授(研究協力者)

Masataka NOGUCHI Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Hiromasa YASUMORI Department of Crafts and Arts, School of Progressive Arts, Associate Professor
Toru SENOU Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Associate Professor
Ryoko TOMARI Department of Product Design, School of Design, Former Assistant
Norimichi KAWASHIMA Department of Clinical Engineering, Faculty of Biomedical Engineering, Toin University YOKOHAMA, Professor (Study cooperator)


兵庫県北播磨地域の代表的地場産業である先染綿織物(播州織)は外国製品との価格競争に巻き込まれて規模を大巾に削減している。また、北播磨は中国山地の東端に位置し、森林が多く林業が盛んであるが、安価な輸入木材との競争に立たされ、林業は停滞している。その結果、間伐がされず不健全な森林が増加し、間伐材の有効利用が求められている。
本研究は、先染綿織物と林業という異なる地場産業を結びつけて、檜の間伐材のおが粉などを原綿に練り込んで「ひのき木綿」を開発し、檜の間伐材を利用した木工と融合させた地域の特色ある商品を開発し、「ひのき木綿」を地域の独自な商品として発信するためのブランディングを行ったものである。

The traditional cotton textile industry (Bansyuori) ofthe Kita-Harima area in Hyogo markedly reducedproduction as a result of price competition with foreignproducts. In addition, Taka Town in the Kita-Harima area – which is located at the eastern end of theChugoku mountain district and has many forests ?was prosperous in forestry, but the forestry industryhas stagnated from competition with low-pricedlumber imports. As a result, the amount of unhealthyforest has increased without lumbering and theutilization of lumbered wood is required.
This study connected forestry as a local industry withthe cotton textile industry to develop “hinoki cotton” bymixing sawdust from lumbered hinoki wood with rawcotton. We planned to brand the “hinoki cotton” as alocal original product by fusing “hinoki” lumber withcotton.


even art project を通した社会連携と教育的効果の研究
-5年の活動を通じて-
SOCIAL COOPERATION AND EDUCATIONAL EFFECT IN THE “EVEN ART PROJECT”
A review of five years activities
English Abstract PDF

見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
かわい ひろゆき デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
谷口 文保 先端芸術学部クラフト・美術学科 講師
柊 伸江 芸術工学研究所 研究員
韓 先林 元・デザイン学部ファッションデザイン学科 実習助手

Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Hiroyuki KAWAI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Fumiyasu TANIGUCHI Department of Crafts and Arts , School of Progressive Arts, Assistant Professor
Nobue HIIRAGI Research Institute of Arts and Design, Researcher
Sun Rim HAN Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Former Assistant


ファッションデザイン学科の有志学生と教員を中心に、2005年度に設立した「even art project」も、活動5年目を迎えた。毎年、even(平らな、平等の)をキーワードに新しいユニバーサルデザインについて考え、活動してきた。
2009年度は、みっくすさいだープロジェクト、えびすアートプロジェクト、ちびたんプロジェクト、神戸クリスマスプロジェクトを行い、ものづくりからコトづくり、コミュニケーションデザインにまで広がる実験的活動を行った。本研究は、ものづくりでは学生の感性や創造力、クリエイティビティーを養い、コトづくりでは学生らのリーダーシップの育成や、大学の地域貢献を実践してきた。
本報告では、2009年度の活動を振り返るとともに、5年の活動を通じて見えてきた社会連携と教育的効果について報告する。

The Even Art Project that establishes mainly the school personnel and the student of the Fashion Design Department in 2005 also received the fifth year of the activity. We think about the new universal design that makes “even” key word, and have acted every year. In 2009, we did the project, such as “Mixsider project”.
“Ebisu-art-project”, “Chibitan project”, and “Kobe Christmas project”. We did the experimental activity that extended from object design to situation design and communication design. This study has supported student’s sensibility and creativity in object design、and has practiced a promotion of students’ leadership and a regional contribution of the university in situation design. In this report, it looks back on the activity in year 2009, and describes social cooperation and an educational effect that comes into view through activity of five years.


人間工学に基づいたデザイン教育に関する研究
RESEARCH INTO THE DESIGN EDUCATION BASED ON ERGONOMICS
English Abstract PDF

見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
古賀 俊策 大学院芸術工学研究科 教授
かわい ひろゆき デザイン学部ビジュアルデザイン学科 教授
志茂 浩和 先端芸術学部映像表現学科 教授
笹崎 綾野 大学院博士後期課程 修了生

Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Shunsaku KOGA Graduate School of Arts and Design, Professor
Hiroyuki KAWAI Department of Visual Design, School of Design, Professor
Hiroyasu SHIMO Department of Image Arts, School of Progressive Arts, Professor
Ayano SASAZAKI Completion of Doctoral Degree Course, The Arts and Design Division, Graduate School of Arts and Design


現在、人間工学の基礎データ収集機器として三次元人体計測器やモーションキャプチャー等が活用されている。これらの機器から得られた数値データは、ファッションやプロダクトデザイン等のモノづくり企業を中心に活用されている。
本研究は、三次元人体計測器を調査研究の対象機器とする。本機器には、人体の詳細な部位を計測する数値データと人体の形状をあらゆる角度から視覚的に、感覚的に、捉える事が出来るビジュアルデータを測る高度な機能が付加されている。それら両者の機能に着目し、ファッション・CG 分野の視点からその活用法を探る。

Nowadays three-dimensional anthropometric devicesand motion capture are being used to collect basicergonomic data.
The numerical data acquired by these devices are mainlybeing utilized by manufacturing companies, such asthose involved in fashion or product design.
This study presents investigative research on a three-dimensional anthropometric device.
This device has advanced functions to gauge numericaldata that measure specific parts of the body and visualdata that can intuitively and visually grasp the form ofthe body from every angle.
The study focuses on both these functions and explorespractical uses from the perspective of the fields of fashionand computer graphics.


視覚遮断が人の行動に与える影響の実験的研究
EXPERIMENT ON EFFECT OF PERFECT DARKNESS TO HUMAN BEHAVIOR
English Abstract PDF

相良 二朗 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
見寺 貞子 デザイン学部ファッションデザイン学科 教授
田頭 章徳 デザイン学部プロダクトデザイン学科 助教
久慈 達也 図書館 研究員

Jiro SAGARA Department of Product Design, School of Design, Professor
Sadako MITERA Department of Fashion and Textile Design, School of Design, Professor
Akinori TAGASHIRA Department of Product Design, School of Design, Assistant Professor
Tatsuya KUJI Library, Researcher


人間は情報の75~80%を視覚から得ていると言われている。現在の都市生活においては闇は存在せず、視覚情報が途絶することも経験できない。視覚障害の疑似体験としてアイマスクを装着して視覚を遮断する体験が行われることがある。しかし、アイマスク装着は、アイマスクを装着しているから見えないということが明らかであり、周囲の見えている人との間にギャップを感じさせてしまう。ドイツのハイネッケ氏が考案したDialog in theDark は、光を遮断した空間内を全盲の人にガイドされて見ず知らずの8名程のグループが無視覚状態で行動するという体験型イベントで、参加者は(1)視覚以外の感覚の覚醒、(2)言語によるコミュニケーションの促通、(3)環境が障害をつくっており、環境によって立場が逆転することへの気づき、などを報告している。
本プロジェクトでは、大学院総合工房の内部を完全に遮光し、暗闇空間滞在中の様子を記録した。本論では暗闇化の方法と、暗闇空間での行動について報告する。

We depend on the sighted information around 80%. In ourtime, no perfect darkness in urban life even in the midnightso that we cannot have experience no sight in our life. Theeye mask is used to simulate the person who is blind often,however the eye mask is conscious as a reason of ownblindness and he/she may feel discrimination againstsighted another persons around him/her.
Mr. Hinekke developed unique event the Dialog in theDark, in which participants walk around and experiencesome activities guided by the person who is blind. Theyenjoy following discoveries;
a) awaking other four senses,
b) enhancement of oral communication between members,
c) reverse a position between able and disable by knowing
that environment condition produce disability.
In this project the authors produced perfect darkness in theSogo-Kobo of the graduate school of Arts and Design, thenobserved behaviors of the participants by IR camera. In thispaper, the authors touch how to make perfect darkness andbehaviors of several groups.


住み続けプロジェクト
軽度認知症者の自立を支援する生活家電等の開発
PROJECT FOR STAYING PUT
Development of Home Electric Equipments for Persons with Mutual Cognitive Impairment
English Abstract PDF

相良 二朗 デザイン学部プロダクトデザイン学科 教授
見明 暢 デザイン学部プロダクトデザイン学科 助教
田頭 章徳 デザイン学部プロダクトデザイン学科 助教
種村 留美 神戸大学大学院保健学研究科 教授
レナ・ボレル カロリンスカ研究所(スウェーデン)

Jiro SAGARA Department of Product Design, School of Design, Professor
Nobu MIAKE Department of Product Design, School of Design, Assistant Professor
Akinori TAGASHIRA Department of Product Design, School of Design, Assistant Professor
Rumi TANEMURA Graduate School of Health, Kobe Univ. Professor


2008年度芸術工学研究所プロジェクト研究「住み続けプロジェクト第1報」の続報である。2009年度は在宅独居(日昼独居を含む)生活をしている軽度認知症者および高齢者の自宅を訪問し、家庭電化製品の使用状況をカロリンスカ研究所が開発した調査手法であるETUQ:Everyday Technology Usage Questionnaire の日本版を作成して行い、スウェーデンの調査事例との比較検討を行った。
日本とスウェーデンとの間には、気候風土、習慣や生活規範、社会保障制度、家庭内での男女関係、家庭電化製品のデザイン、住宅様式など多くの面で大きな隔たりがあるが、認知症の進行に伴う生活上の困難には共通する点も見られた。
また、この調査を通して在宅軽度認知症者の日常生活上の困難をリストアップし、解決するための家庭電化製品のあり方、および自立生活に有効な支援技術のあり方についての知見を得たので報告する。

This report is a continuation of “Project for continuous living in own house, vol. 1” published in 2009, which was enforced as project research of Institute of Arts and Design in 2008.
In this report, the authors describe a knowledge stored by the survey conducted in two countries Sweden and Japan for ementia and elderly residents who live alone in own house. The ETUQ: Everyday Technology Usage Questionnaire developed in Karolinska Institutet is used in both countries translated in Japanese for Japanese subjects. Most of subjects are facing difficulties in their daily living since quit using daily electric apparatuses and/or losing there memory. When appropriate assistive technologies and
implified electronics are produced, a lot of dementias or MCI;Mutual Cognitive Impairment may not give up livingalone at own house.


神戸フィールドアーカイブ
都市を切る・見る・読む
KOBE FIELD ARCHIVE
Define, Survey and Interpret a City
English Abstract PDF

川北 健雄 デザイン学部環境・建築デザイン学科 教授
森下 明彦 国立国際美術館 客員研究員
佐々木 宏幸 デザイン学部環境・建築デザイン学科 准教授
水島 あかね 明石高等工業専門学校 建築学科 助教
久慈 達也 図書館 研究員

Takeo KAWAKITA Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Akihiko MORISHITA The National Museum of Art Osaka, Visiting Researcher
Hiroyuki SASAKI Department of Environmental Design, School of Design, Associate Professor
Akane MIZUSHIMA Department of Architecture, Akashi National College of Technology, Assistant Professor
Tatsuya KUJI Library, Researcher


都市空間のデザインに関するなんらかの提案を行う場合、最初に必要となるのは、対象となる場所の空間的な特性を把握することである。そのためには、様々な視点から実際のまちを観察し、そこに潜むなんらかの都市構造を読み取ることが必要になる。その際、過去に行われた調査の結果や、既存の各種分析図等を参照することができれば、それは都市を多様な視点からより深く理解することに役立つと考えられる。
そこで本研究では、神戸の中心部を対象として、フィールドサーベイから得られた資料や各種の分析図を収集した上で、それらを蓄積するためのウェブサイトの試作を行った。作業としては、実際にまちを歩きまわって現地調査を行った後、本学も参加して神戸で開催された、ユネスコの景観と環境デザインに関するワークショップ「WAT_Kobe 2009」において作成された各種の分析図を収集した。次に、それらの資料を分類整理して、これらの情報の追加と表示を比較的容易に行うことのできるウェブサイトを構築して公開した。
現時点では試作段階にすぎないが、今後も情報を追加集積していくことにより、いずれはこのサイトが、神戸の都市空間に関するひとつのアーカイブとしての役割を果たすものとなることをめざしている。
都市空間のデザインに関するなんらかの提案を行う場合、最初に必要となるのは、対象となる場所の空間的な特性を把握することである。そのためには、様々な視点から実際のまちを観察し、そこに潜むなんらかの都市構造を読み取ることが必要になる。その際、過去に行われた調査の結果や、既存の各種分析図等を参照することができれば、それは都市を多様な視点からより深く理解することに役立つと考えられる。
そこで本研究では、神戸の中心部を対象として、フィールドサーベイから得られた資料や各種の分析図を収集した上で、それらを蓄積するためのウェブサイトの試作を行った。作業としては、実際にまちを歩きまわって現地調査を行った後、本学も参加して神戸で開催された、ユネスコの景観と環境デザインに関するワークショップ「WAT_Kobe 2009」において作成された各種の分析図を収集した。次に、それらの資料を分類整理して、これらの情報の追加と表示を比較的容易に行うことのできるウェブサイトを構築して公開した。
現時点では試作段階にすぎないが、今後も情報を追加集積していくことにより、いずれはこのサイトが、神戸の都市空間に関するひとつのアーカイブとしての役割を果たすものとなることをめざしている。

In an urban design project, the first thing we have to dois to understand the characteristics of the site. For thispurpose, we observe the city from various viewpointsand make drawings which illustrate the urban structurearound the site or conditions of the site.
In this research project, we designed a website whichstores records from field surveys and drawings of urbananalysis, so that it can contribute as a referential archivefor interpretation of a city.
After three field surveys at the central districts in Kobe,we collected analytical drawings made through aUNESCO workshop regarding landscape andenvironmental design (WAT_Kobe 2009), and classifiedthem in a matrix in terms of drawing methods and thescale, then presented them on a website, withphotographic records of the surveys.
Although the website is experimental at the moment,by being added more information, it is expected that itwill serve as a referential archive which store usefulcontents for urban design in the city of Kobe.


環境デザイン教育に関する国際教育プログラムの実施方法と課題に関する研究
WAT_Kobe 2009での実践を通して
STUDY ON INTERNATIONAL EDUCATION PROGRAM IN ENVIRONMENTAL DESIGN
Through the implementation of WAT_Kobe 2009
English Abstract PDF

佐々木 宏幸 デザイン学部環境・建築デザイン学科 准教授
川北 健雄 デザイン学部環境・建築デザイン学科 教授
小玉 祐一郎 デザイン学部環境・建築デザイン学科 教授
久慈 達也 図書館 研究員

Hiroyuki SASAKI Department of Environmental Design, School of Design, Associate Professor
Takeo KAWAKITA Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Yuichiro KODAMA Department of Environmental Design, School of Design, Professor
Tatsuya KUJI Library, Researcher


本研究では、2009年11月に神戸市で開催された、ユネスコによる景観と環境デザインに関する国際ワークショップWAT_Kobe 2009の開催準備・実施・フォローアップの経緯を概観するとともに、その参画経験をもとに、国際教育プログラムの実施方法や日本人学生の抱える課題に関して考察し、以下の5点に要約した。
(1) 国際ワークショップにおける課題設定の重要性
(2) 国際ワークショップにおけるグループ編成の重要性
(3) 参加者各自が得意分野・スキルを持つ重要性
(4) 外国語によるコミュニケーション能力の重要性
(5) リーダーシップ教育の重要性
今後は、WAT_Kobe 2009への参加を通して得た経験を、本学における今後の国際教育プログラムの運営実施のためのノウハウとして蓄積・活用し、世界的教育ネットワークへの参加、将来の海外研究者の招致など、さまざまな国際デザイン教育への参画の機会拡充の契機としてゆく。

This study examines the implementation method of international education program and issues of Japanese students based on our experience of the preparation for, implementation of and follow-up on WAT_Kobe 2009, the international workshop regarding landscape and environmental design by UNESCO held in Kobe in 2009, and summarizes as follows:
(1) Site selection for international workshops is essential.
(2) Composition of working teams for international workshops is significant.
(3) Acquiring individual strong skills are useful.
(4) Oral communication skills are indispensable.
(5) Training of leadership is important.
We will accumulate and utilize the experience that we have gained through WAT_Kobe 2009 as our know-how in the implementation of international workshops and enlarge our opportunities for participating in various international education programs in environmental design.


地域性を活かしたコミュニティ再生の実践的研究
神戸市伊川谷の桜並木プロジェクトを通じて
STUDY ON IKAWADANI COMMUNITY RECONSTRUCTION
Ikawadani Sakura Project
English Abstract PDF

長濱 伸貴 デザイン学部環境・建築デザイン学科 准教授
水島 あかね 明石工業高等専門学校 建築学科 助教
金 鍾其 芸術工学研究所 特別研究員
橋本 大樹 有限会社 プラン まち さと 研究員

Nobutaka NAGAHAMA Department of Environmental Design, School of Design,Associate Professor,
Akane MIZUSHIMA Department of Architecture,Akashi National College of Technology, Assistant Professor
Jong Ki,KIM Fellow, Research Institute of Arts and Design
Tomoki HASHIMOTO Planning Office of Town & Country Inc., Researcher.


神戸市西区伊川谷町は、太山寺をはじめ数多くの歴史的資源に恵まれた地域であるとともに、伊川という自然の恵みもある。また、都市と農村の両方の顔を持ち合わせ、それぞれの長所を生かしたまちづくりに取り組んでいく必要がある。しかし、最近は、犯罪の増加・空地・空き家・不法投棄等の問題が起こり、日本の現代の問題の縮図のようになっている。今後の社会情勢の変化も見据えながら総合的に伊川谷町全体の活性化を検討するため、住民、団体、企業等を主体とした、伊川谷の地域活性化を考える会の設置を行った。
本研究では、地域の特性を生かして地域コミュニティの再生が行われるプロセスを実践的に構築することを目的とする。

Ikawadani-cho,Nishi-ku, Kobe-city is also in the blessing called Ikawa of nature with the area where it was blessed with plenty of historical resources besides Taisanji temple in a mountain. Again, it is necessary to have two element of the city and farm village, and to be grappling to the MACHIDUKURI which revived each merit. It comes however, the problem of the increase,vacant ground, unoccupied house and illegal abandonment and others of crime to happen, so for recent days to be the epitome of Japanese today problem. Resident, group, company and others become a subject,the Ikawadani community meeting is set, in order toexamine the activation of Ikawadani whole synthetically while also the change in future society situations is staring fixedly.
It does to construct the process which the revival of area community is done by the town making which revived the peculiarity type of area actually with the purpose.


ヨーロッパにおける先進的なデザイン教育方法の調査研究
RESEARCH ON DESIGN EDUCATION PROGRAM
English Abstract PDF

小山 明 デザイン教育研究センター 教授
岡部 憲明 デザイン教育研究センター 教授
鈴木 明 大学院芸術工学研究科 教授
藤山 哲朗 デザイン学部環境・建築デザイン学科 准教授
山﨑 均 デザイン教育研究センター 教授
*1)他の共同研究者リストは註に記載。

Akira KOYAMA Center for Design Studies, Professor
Noriaki OKABE Center for Design Studies, Professor
Akira SUZUKI Graduate School of Arts and Design, Professor
Tetsuro FUJIYAMA Department of Environmental Design, School of Design, Associate Professor
Hitoshi YAMAZAKI Center for Design Studies, Professor


本研究はデザイン教育研究センターの研究活動、すなわちデザイナーやアーティストを目指す学生のための新たな教育プログラム開発のための調査研究、これを基盤とした公開特別講義を中心とするカリキュラムへの組み込み、研究成果の報告と社会とのコミュニケーションを進めるためのメディアとしての書籍出版、という一連の活動と連動するものである。
ここでは、出版された『中山英之/スケッチング』(新宿書房刊)について解説が行われる。はじめに1 本の線があり、それに線が加わり、そのたびごとにそこに現れる空間が変わっていく、このスケッチの方法は中山氏が普段の設計プロセスにおいても行っているスケッチの方法であり、思考の枠組みを広げ、次元を行き来しながら設計を進めていくという独特な方法論を示すものである。
このスケッチの描き方を書籍デザインそのものに反映させる試みをおこなった。まるで、絵本のように見える親しみやすい線書きのスケッチには、限りなく奥の深いデザインの思想が隠されている。

In early June 2009, Prof. Yuichiro Kodama arranged forNakayama to address our Department of EnvironmentalDesign. At this special guest lecture, he presented anoverview of his projects since going independent fromIto’s office, giving us insight into the rigorous reasoningthat shapes his spaces while yet allowing a remarkablesensitivity toward fragile ephemera: clover growing on aprospective house site, thick weeds in a field designatedfor a kiosk design competition in Hokkaido. Using linedrawings to illustrate how he expands upon a basicframework of spatial concepts, his secret seems to lie inthat wondrous window of consciousness he invokessomewhere between two and three dimensions. InNovember, toward this book, Nakayama gave a privatelecture at his office to only a few people involved with theediting, design and publishing.


編集後記

 ここに神戸芸術工科大学紀要Web化第6号『芸術工学2010』をお届けいたします。本学の教員および研究員による論文、報告、作品など、この一年間に行われた研究や制作に関する多くの成果をPDFデータとしてご覧いただくことができます。今年度より、こうした投稿原稿に加え、全学教員の研究および作品制作を紹介する教員業績情報、文部科学省科学研究費補助金採択に関する情報も図書館ホームページに追加されています。紀要と併せてご覧くださいますようお願いいたします。
神戸芸術工科大学図書館委員会 委員長 小山 明

奥付

神戸芸術工科大学紀要
芸術工学2010
________________________________________
2010年11月24日公開
________________________________________
著作権・複写・リンクについて

このWebサイトの著作権は神戸芸術工科大学にあります。複写及びリンクは、営利目的としない場合に限り、連絡不要で行っていただいて結構です。但し、営利目的の場合は制作・管理者までご連絡ください。複製については一切禁じます。このサイト内のデータなどを利用したことによって被られた損害について補償は致しかねます。また、サイト内に張られた外部リンクの内容についても本学は責任を擁しませんのであらかじめご了承ください。
________________________________________
神戸芸術工科大学
〒651-2196
神戸市西区学園西町8-1-1
TEL:(078)794-2112(代)
FAX:(078)794-5027
http://www.kobe-du.ac.jp/
________________________________________
【編集】
〈図書館委員会〉
小山 明<委員長>
鈴木 明
杉本 真理子
宮本 隆司
岩田 広己
寺門 孝之
戸矢崎 満男
曽和 具之
花田 佳明
久慈 達也
常岡 裕之

◎ 事務局
図書館事務室
________________________________________
ISSN 0917-8074