• check
  • notes


2−6 CREATION 2005 (写真9)

第44回日本現代工芸展 現代工芸大賞受賞作

阪神大震災から10年の年、神戸の街に想いを馳せ制作した作品である。 技術的には熟練され完成度の高い仕上りである。ガラスの鋭角な部分に一部切れこみを入れ変化をつけるなど次の段階への試みを始めている。

私の積層ガラスの作品は本来の工芸家としての仕事の延長線にはない。 積層は、作品のみの表現でありいわば「用の美」という工芸の定義を満たしていないのではと考えていたのだが、全国規模の展覧会において受賞したことは以後の活動に対しての自信と確信を得ることになった。


写真9 CREATION

Larger

写真9 CREATION

 


 HOME

 page top