作品|WORK

Recommended Layout


CGZOO

CGZOO

本文へ戻る



図2 「ハヌメの実」イメージグラフィック

Larger

写真1 使用コンテナ外観

Larger

図1 コンテナ内部構造

Larger



写真4 スクリーンの撤収作業

Larger

写真3 檻からスクリーンまでは、2mの距離を確保している。

Larger

写真2 実際の展示風景

Larger



図3 Softimage/XSIのスクリーンショット

Larger

写真6 コンテナ内部から遮光壁を見る。

Larger

写真5 檻の撤収作業

Larger



図6 上半身テクスチャリング

Larger

図5 頭部テクスチャリング

Larger

図4 ZBrushのスクリーンショット

Larger



図9 岩石部分テクスチャリング

Larger

図8 葉部分テクスチャリング

Larger

図7 果実部分テクスチャリング

Larger



図12 リグ

Larger

図11 リジッドボディー

Larger

図10 スケルトン

Larger



図15 線描と実データがリンクしている

Larger

図14 線描のフェイシャルアニメーション(Link)

Larger

図13 フェイシャルアニメーション制作画面

Larger



図18 笑顔

Larger

図17 口をゆがめ、悔しがっている表情

Larger

図16 眼を閉じ、悲しんでいる表情

Larger



図21 球体を移動させることで、指の形が変化していることがわかる

Larger

図20 手首付近に設定したリグ(オレンジ色のボックス)をひとつ動かすだけで、腕の動きに伴って骨格や筋が連動する

Larger

図19 各骨格、筋にスケルトンが仕込まれていて、各スケルトンは関数的に関連付けられている

Larger



図24 指の先端が位置拘束されている円を回転させることで指が曲がったり、向きを変える

Larger

図23 球体を拡大することで、手が開く

Larger

図22 球体を移動させることで、指の形が変化していることがわかる

Larger



図27 リジッドボディーダイナミックスアニメーション ここで見られるアニメーションは、物理シミュレーションによるものである。 首の回転、全身の移動などといった動きに連動して計算され、自動生成される。

Larger

図26 スケルトンアニメーション<br>実際には、リグにアニメーションがついている。スケルトンは、リグの動きに追随、連動する。このスケルトンに追随して実データの表面が動く。

Larger

図25 手のレンダリング結果

Larger



図30 レンダリング結果例

Larger

図29 レンダリング結果例

Larger

図28 最終的なアニメーション<br>セットアップ作業を充実させれば、腕や首などといった主だった部位にアニメーションをつけるだけで、複雑なアニメーションを得ることができる。修正も容易になる。

Larger



図33:完成映像<br>
          映像データのフォーマットの関係上画面は90°回転している。

Larger

図32 レンダリング結果例

Larger

図31 レンダリング結果例

Larger



掲載画像

参照画像


 HOME

 page top