4.「群」制作過程  

写真9 サンプル作品/縦100mm×横40mm×高さ60mm

Larger

写真9 サンプル作品/縦100mm×横40mm×高さ60mm

群像を表現するために、量産を行なうことを制作の第一目的とした。制作の流れとして、ひとつの型から、何度も形が取れるようにパラフィンワックスを用いて流し込み、取り出す過程を作ることで量産が可能となった。これらの制作工程を以下に記す。 (写真9-写真23)

写真10 油土原型

Larger

写真10 油土原型

写真11 主な原型

Larger

写真11 主な原型


写真12 シリコーン型を作る。

Larger

写真12 シリコーン型を作る。

写真13 流し込んだワックスが取り出しやすいように、割り型にする。

Larger

写真13 流し込んだワックスが取り出しやすいように、割り型にする。


写真14 パラフィンステアリン混合ドロップ

Larger

写真14 パラフィンステアリン混合ドロップ

写真15 パラフィンワックスを湯せんで溶かす。融点:60〜70°C

Larger

写真15 パラフィンワックスを湯せんで溶かす。融点:60〜70°C


写真16 パラフィンワックスをシリコーン型に流し込む。

Larger

写真16 パラフィンワックスをシリコーン型に流し込む。

写真17 流した後、冷やして固める。

Larger

写真17 流した後、冷やして固める。


写真18 シリコーン型から、固まったパラフィンワックスを取り出す。

Larger

写真18 シリコーン型から、固まったパラフィンワックスを取り出す。

写真19 取り出した形のバリ取りを行い修正する。

Larger

写真19 取り出した形のバリ取りを行い修正する。


写真20 量産された豚

Larger

写真20 量産された豚

写真21 量産された豚

Larger

写真21 量産された豚


写真22 量産された豚

Larger

写真22 量産された豚

写真23 量産された豚

Larger

写真23 量産された豚



 HOME

 page top