作品|WORK

Recommended Layout


CGZOO

A crowd / A group of a pig -Art in container competition at Kobe Biennale 2007-


小野 裕子

ONO ,Yuko Assistant, Department of Plastic Arts, School of Progressive Arts





はじめに

2007年10月6日から11月25日までの51日間、神戸メリケンパークにて「神戸ビエンナーレ2007」が開催された。(写真1)

2年に1度の芸術文化の祭典であるビエンナーレが神戸にて開催された目的には、神戸のまちの歴史・経験を踏まえ、震災10年を機に文化を生かしたいきいきと進化するまちづくりの基本理念である、2005年12月に発足された「神戸文化創生都市宣言」がある。神戸に芸術文化の力を結集して内外に発信する機会を設け、神戸の芸術文化の更なる振興を図るとともに、町の賑わい、活性化につなげる試みである。*1

作者は神戸ビエンナーレの展示イベントのひとつである「アート イン コンテナ コンペティション」に出品した。12mの輸送用コンテナを各作家が表現の場として用いて、計45作品ものフリージャンル作品が並び、審査された。(写真2,3) 大賞は、コンテナ内にスーパーボールが勢いよく放出される作品で、埼玉県出身の臼井英之氏の作品、「40%」が受賞した。

本文では、作者のアート イン コンテナ展示の企画案から制作の過程、その発表の形態を報告する。

写真3 “アート イン コンテナ”作品設置のための輸送用コンテナ(長さ12,032×幅2,352×高さ2,385mm 40フィートコンテナ)

Larger

写真3 “アート イン コンテナ”作品設置のための輸送用コンテナ(長さ12,032×幅2,352×高さ2,385mm 40フィートコンテナ)

写真1 会場風景

Larger

写真1 会場風景

写真2 “アート イン コンテナ”作品設置のための輸送用コンテナ(長さ12,032×幅2,352×高さ2,385mm 40フィートコンテナ)

Larger

写真2 “アート イン コンテナ”作品設置のための輸送用コンテナ(長さ12,032×幅2,352×高さ2,385mm 40フィートコンテナ)



 HOME

 page top


神戸ビエンナーレ組織委員会・神戸市[神戸ビエンナーレ2007《基本計画書》]、神戸ビエンナーレ組織委員会著、2006年、p2参照