4 おわりに

公演に到達するまで約一年間、学生たちにとっての長期にわたるプロジェクトは、彼らに多くの体験を与えた。

本学の実習、演習では自らがデザインし制作するという自己完結型のデザイン手法を学んでいる。しかし本プロジェクトでは衣装デザインはプロの舞台衣装デザイナー、制作を本学科が担当するという分担型手法をとった。演出家、芸術監督、出演者などの関係者とコミュニケーションを取りながら進めていくのだが、はじめてのオペラの舞台イメージ、舞台衣装について戸惑いながらも制作手法を習得していった。

困難な状況にありながらもお互いに励ましあい、舞台衣装制作に挑戦していった。その結果、神戸新聞やサンテレビの取材を受けたり、多くの方々から感謝とお褒めの言葉を頂き、大成功に終わったのである。

オペラと舞台衣装制作という「産・官・学」の連携プログラムの取り組みの中で、学生たちは、顔が見える方たちの衣装制作を行い、その人たちとのふれあい、関係者と関わり、学年の枠を超えた共同作業の中でひとつひとつの作品を作り上げていった。本プロジェクトでは、学生たちに多くの問題点を克服させながら、実社会でのデザイン手法を体験させることができたと考える。ファッションデザインは、さまざまな人たちと連携しながら、歩んでいくデザイン分野である。大きな舞台での実践教育の効果は多大なものがあった。意欲を持って挑戦した学生たちの更なる可能性に期待したい。


 HOME

 page top