おわりに

今年でeapも3年目を迎えた。eapは、ユニバーサルデザイン「より多くの人たちが」を世間に普及するプロジェクトである。 ユニバーサルデザインは、特定の専門分野でのモノづくりと思われがちであるが、本来の目的は、私たちのごく身近な日常生活が、心豊かになることだと考える。ユニバーサルデザインを一般により広めるためには、もっと若い楽しいデザインが、生活の中で提案されなければならないと考え、毎年、新たな学生を交えて、新たな取り組みを行なうと決めている。今年は、造形表現学科の学生たちが行なう「ホタルと仲良し光るキノコづくり」にファッションデザイン学科の学生たちが参加した。また神戸ビエンナーレが新たに始まったこともあり、ファッションデザイン分野らしい「帽子」をテーマにワークショップとファッションショーを行なった。この3年間、活動する中、参加者のユニバーサルデザインに対する意識が高まり、今後も持続したいという意見があげられている。

神戸芸術工科大学紀要2006で報告した「ちびたんプロジェクト」、「みっくすさいだー」も元気に活動を継続している。

even art project(イーブン アート プロジェクト)では、各自学生たちがデザイン表現を行なうとともに、デザインの指導者的役割も担い、さらに楽しみながらユニバーサルデザインを考えるプロジェクトでもある。新たな取り組みを毎年取り入れながら、学生たちの成長に期待したい。

謝辞

(株)千代田帽子には、帽子制作の技術協力をいただき、ありがとうございました。
小規模作業所「七つの海」の皆様にはファッションショーのモデルとして御協力いただき、 ありがとうございました。

<参加学生>
学生参加総数:68名
うちワークショップ参加学生:33名、ショー参加学生:66名、帽子制作学生:50名です。
●ワークショップスタッフ
西藤誠晃、中村善幸、池之上珠女、井上貴博、上田安里、小川晴香、金子哲、甲真由美、岸田美樹、阪本洋子、迫田恵美、高橋麻衣香、田口恵梨子、田邊あゆみ、中田昌孝、干場咲也加、正木祐次、水谷芙木、宮川真梨子、村上明栄、森實小百合、和田智絵理、藤田美佳、浅野由希子、有村真由子、奥村名保子、越智英雄、鈴木迪子、武西由貴、鳥居さおり、真継薫、松村憲、吉村安代
●ファッションショースタッフ
井上剛、高尾明道、竹内政人、松村沙智、森内真裕、山田みなみ
●カメラ撮影担当
伊藤真人、曽川敬介、干場恵梨香
●ファッションショー参加学生
奥村名保子、佐々木紀洋馨、池之上珠女、井上貴博、上田安里、上村理美、小川晴香、
金子哲、甲真由美、川村瑠璃、岸田美樹、阪口萌未、阪本洋子、迫田恵美、猿渡美貴、鈴木智子、須浪智行、高橋麻衣香、田口恵梨子、田邊あゆみ、土井恵美、中田昌孝、福嶋 剛、プロムリアム ラッサミー、干場咲也加、正木祐次、水谷芙木、宮川真梨子、森實小百合、和田智絵理、藤田美佳、石川雅恵、筧紫織、川副由真、大塚佳子、川本美里、来住郁香、倉岡 孝輔、西藤誠晃、田中美咲、中濱みなみ、西岡泉美、中村善幸、疋田真未、福井健俊、藤井裕美、萬川祐美、吉田博光、和田直子、柳田航太
●当日スタッフ
笹崎綾野、金成蘭、センキン
<指導教員>
見寺貞子、谷口文保、安田雅子、瀬能徹、石垣陽子、韓先林


 HOME

 page top


アンケートにご協力ください