3−4.「ネイブル」のシャツの制作

 ファッションデザイン学科ファッション企画・情報コース、ファッションデザインコースの学生がそれぞれの担当に分かれて、「ネイブル」製品の企画、デザイン、設計を行い、縫製工場に発注して製品の生産を行った。各担当の仕事は下記の通りである。

*企画担当:
ブランド・コンセプトの立案、シーン別企画の立案、ショップ設計、展示・販売計画、プロモーション計画(DM、ポスター等)、ショーの企画の立案と実施

*デザイン担当:
シャツのデザイン、サンプルモデルのファーストパターンメイキング、製品モデルのセカンドパターンメイキング、グレーディング、縫製仕様書の作成

*生産の原則
生産を行うのにあたり、地場産業の振興と「町おこし」を行う目的から、素材は地元の播州織を用いるだけでなく、芯地、釦、ネーム等の副資材の調達、縫製加工も地元の業者を使うことを原則とした。素材は、播州織産元協同組合に加盟する内外織物株式会社、株式会社斉藤商店、株式会社播の3商社から播州織の提供を受けた。副資材も西脇市内の業者から調達するように試みたが、扱っている事業所がなく実現しなかった。縫製加工は、西脇の地元の工場である株式会社ピボットに依頼することができたが、発注時期が短かったため、約半数は、他地域の工場に依頼することになった。

*サンプルモデル制作
サンプルモデルは、デザイン担当の学生が7テーマに分かれてメンズ、レディースの50体のシャツを制作した。制作したシャツは、プロモーションのために行ったショーにおいてモデルが着用した。

*販売用のシャツ製品の生産:
50体のサンプルモデルの中から30体にデザインを絞り込み、デザインとパターンの検討を行い、修正を行い、シャツ製品を生産した。サイズ展開をするため、パターンをスキャニングにし、CADデータとして取り込み、グレーディングを行い、S、M、Lの3サイズの展開を行った。

*生産原価
製品化したシャツのコストは下記の通りである。
生地代金:無償提供
芯地:@430円/m×0.3m=129円
釦:22円×9ケ=198円
縫製代金:6.000円、8000円
織りネーム、サイズ、品質表示、下げ札、カバー等:100円

*販売価格の設定
当初、6000円台から9000円台での販売価格が検討された。しかし、今回はロット生産できなかったため、縫製工賃が高額になり生産原価が高いものになってしまったが、商品価値や消費者の買い得感、デザイン費や制作人件費などを考慮した結果9800円とした。


 HOME

 page top