2 新子薫氏略歴

写真2 新子薫氏

Larger

写真2 新子薫氏

1927年
奈良県吉野郡大塔村(現在の五條市)に生まれる。
1946年
19歳で家業である木地師の仕事を継ぎ(5代目)、栗材による杓子の製作を始める。この頃の木地師は、山中に小屋を建てて、作業場兼仮設住居とし、良材を求めて移動する生活をしていた。
1970年頃
製作の場を山小屋から自宅併設の工房に移す。この頃より全国各地の百貨店から実演販売の依頼があり、以後30年ほど続く。
1995年
奈良県指定の伝統工芸士に認定される。


現在も奈良県五條市大塔町惣谷にて杓子の製作を続ける。


 HOME

 page top