報告|REPORT

Recommended Layout


3大学合同調査-2 −韓国河回村を事例として―

International Collaborative Reseach Project with Dongseo University of South Korea and Bejing Institute of Technology of China
-The Hahoe Folk Village in Andong, South Korea as a case study


大田尚作

OTA, Syosaku Professor, Department of Product Design, School of Design


藤本修三

FUJIMOTO, Syuzo Professor, Department of Plastic Arts, School of Progressive Arts


今村文彦

IMAMURA, Fumihiko Professor, Department of Visual Design, School of Design


松本美保子

MATSUMOTO, Mihoko Professor, Department of Fashion and Textile Design, School of Design


かわいひろゆき

KAWAI, Hiroyuki Professor, Department of Visual Design, School of Design


佐野浩三

SANO ,Hirozo Professor, Department of Product Design, School of Design


安森弘昌

YASUMORI ,Hiromasa Asssistant Professor, Department of Plastic Arts, School of Progressive Arts


斎木崇人

SAIKI ,Takahito Professor, Department of Enviromental Design, School of Design


山之内誠

YAMANOUCHI, Makoto Associate Professor, Department of Enviromental Design


柳沢 究

YANAGISAWA, Kiwamu Assistant, Graduate School of Arts and Design


玉川恵理

TAMAGAWA, Eri Assitant, Graduate School of Arts and Design






1:国際合同調査研究の目的と背景

 本調査研究は、韓国・東西大学及び中国・北京理工大学とともに2006年8月の4日間実施した。参加大学の特長を生かしつつ学生および教員の専門性を整理し、各大学の混成チームを編成して調査をおこなった。河回村における集落・建築の研究、家具・生活用具の研究、衣服・布地等の研究などのテーマを設定、それぞれの現況と変遷を把握・記録し、その特徴を分析することを意図している。河回村は韓国を代表する伝統的民家集落であり、本研究で得られる成果はアジアンデザイン研究の極めて重要な基礎資料となることが期待される。そして、この成果を3ヵ国で共有し、情報発信につなげていくことは、アジアンデザイン研究の発展を促す上で大きな意義があると考えられる。



 HOME

 page top