要旨|ABSTRACT

Recommended Layout


作品論文報告資料作品


線織面による立体構成
-Constructed Cave No.1作品解説-

久冨敏明〈デザイン教育研究センター准教授〉

 2007年3月「神戸ビエンナーレ2007」の一部門「アート・イン・コンテナ」出展作品公募のための国際コンペティションが実施された。応募案「Constructed Cave No.1」は入選45作品のひとつである。作品は、「地理的」「都市的」「歴史的」「文化的」など複数のコンテクストと関わることによってデザインされた。本稿では、各々のコンテクストについてと建築・美術の歴史的作品や数理学モデルなど多くのレファレンスが存在することを説明することによって作品解説とした。

Solid Construction with Ruled Surface:
Explanation of“Constructed Cave No.1“


HISATOMI,Toshiaki
Associate Professor, Center for Design Studies


 International competition of“Art in a Container“ Division, “Kobe Biennale 2007“was held in March, 2007.
 The work, “Constructed Cave No.1“, is one of the 45 prize-winning works, which is designed in various contexts, such as“Geographic“, “Urban“, “Historical“, “Cultural“.
 To explain the work, this paper refers to various contexts mentioned above, as well as mathematical models and historical works of architecture and fine arts.


 HOME

 page top