作品|WORK

Recommended Layout


神戸・三宮中央通りのまちづくり 「三宮中央通りのデザイン」とモニュメント「出会いの門」、 「バンブーボールプロジェクト」

Community Development of Sannomiya Chuo Dori in Kobe
Urban Design of Sannomiya Chuo Dori
Design of Monument " The Gate of Encounters"
Workshop of Bamboo Ball Project


齊木 崇人

SAIKI, Takahito Graduate School, Head Professor of Design Theory Division


シュワーベ・カスパー

SCHWABE, Casper Graduate School, Visiting Professor


ヒメネス ベルデホ・ホアン ラモン

JIMENEZ VERDEJO, Juan Ramon Special Researcher at Design Research Institute





0 | はじめに

図2.三宮中央通りのモニュメント「出会いの門」(写真:齊木、2005年4月)

Larger

図2.三宮中央通りのモニュメント「出会いの門」(写真:齊木、2005年4月)


図3.バンブーボールプロジェクトの様子(写真:齊木研究室、2005年4月)

Larger

図3.バンブーボールプロジェクトの様子(写真:齊木研究室、2005年4月)

本稿は、2000年度より齊木研究室が継続的に携わってきた、神戸「三宮中央通り」のまちづくりの一環として行っている、「三宮中央通り」のデザイン(図1)、モニュメント「出会いの門」のデザイン(図2)、「バンブープロジェクト」のワークショップ(図3)の報告である。 「三宮中央通り」は神戸市の商業地区道路では初めての「住民参加型」によるまちづくりであり、齊木はコーディネーターとして、ワークショップ形式の話し合いでの意見の調整を行ってきた。2001年7月の三宮中央通りの開通後、引続き、通りのモニュメント「出会いの門」のデザインを行い、2003年4月に完成。さらに2年後の2005年4月には、モニュメント前の広場で直径約5mの竹製の球体を制作し、モニュメントの上に載せる、「バンブーボールプロジェクト」が、神戸芸術工科大学の企画・サポートにより、開催された。

図1.三宮中央通りのプレゼンテーション用パネル(齊木研究室作成)

Larger

図1.三宮中央通りのプレゼンテーション用パネル(齊木研究室作成)

 





 HOME

 page top