まえがき

近年、高速に常時接続で通信できる安価なブロードバンドが普及して、すでに家庭内でのインターネット環境は整いつつあるが、新規のインターネット接続者が伸び悩んでいる現状がある。そのような中で高い成長率で利用者を増やしつづけているコンテンツにネットショッピングがある。
通常の店に客が来店した場合、その店のスタッフが笑顔で「いらっしゃいませ」と挨拶し、客とのコミュニケーションをはかるのが普通であり、それによって客はその店との信頼関係を確立していくことになる。このことがそれ以後の店と客の良好な関係を保つ第一歩であり、近年の大型ネット店舗でもこの精神が引き継がれていくべきであろう。
ところで、現在のオンラインショップでは商品の写真と価格が表示されているだけで、店舗に問合せをする方法はEメールか電話などの文字や会話、静止画によるものしかなく、店舗の様子やスタッフの顔が見えないため、そのオンラインショップに対して親しみを持つことができなかった。
ここではIPカメラを利用して店の顔を客に出して、オンライン相談ができる次世代型のオンラインショッピングモールAIMOを開発する。AIMOにはさまざまなカテゴリに属する複数の店舗が商品を販売でき、顧客はカート機能を利用して簡単に商品を購入できる。さらに店舗に商品や購入方法などを相談する場合は、リアルタイムでお店の映像を見ながら会話できるオンライン相談を利用できる。
AIMOで店舗を構えるには、専用のフォームから簡単に申込みができ、店舗のレイアウトや商品の登録は、専用のソフトウェアを通じて行えるので、誰でも簡単に出店することができる。

表1 ここで提案するオンラインモール

サービス 従来のオンラインショップ オンライン相談の付加効果
商品情報の提示 静止画とテキスト リアルタイム映像で、より詳しい情報を提示できる。
商品の問合せ方法 Eメールか電話 リアルタイム映像でスタッフの表情がわかるので、安心して問合せやサポートができる。
サポート方法 Eメールか電話
店舗の様子やスタッフの現状提示 なし リアルタイム映像によりオンラインショップの雰囲気がわかるため、客は親しみを持つことができ、信頼関係を築くことができる。


 HOME

 page top